2019年09月20日

国民 玉木雄一郎代表「数の力で押し切らないように」憲法審査会

国民 玉木雄一郎代表「数の力で押し切らないように」憲法審査会

国民 玉木代表「数の力で押し切らないように」憲法審査会
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190914/k10012082141000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_076
2019年9月14日 13時30分

自民党が憲法改正に向けた党内の体制を一新したことに関連し、国民民主党の玉木代表は「数の力で押し切るような議論にならないようにしてほしい」と述べ、国会の憲法審査会での議論は野党側の意見も聞きながら丁寧に進めるよう求めました。

憲法改正に向けて自民党は、役員の人事に合わせて憲法改正推進本部長に細田博之元幹事長の起用を内定するなど、体制を一新しました。

これに関連して、国民民主党の玉木代表は東京都内で記者団に対し「憲法の議論はワイルドではなくマイルドに進めてもらいたい。決して数の力で押し切るような議論にならないよう尽力してほしい」と述べ、国会の憲法審査会での議論は野党側の意見も聞きながら丁寧に進めるよう求めました。

また自民党が来月召集される見通しの臨時国会で、国民投票法改正案の成立を目指していることについて、玉木氏は「国民民主党は、政党によるテレビ広告を原則禁止することを盛り込んだ独自の法案を国会に提出しているので、まずはこちらをしっかり審議して通してもらいたい」と述べました。


玉木雄一郎・憲法審査会.PNG



自民党が憲法改正に向けた党内の体制を一新したことに関連し、国民民主党の玉木代表は「数の力で押し切るような議論にならないようにしてほしい」と述べ、国会の憲法審査会での議論は野党側の意見も聞きながら丁寧に進めるよう求めた。
また自民党が来月召集される見通しの臨時国会で、国民投票法改正案の成立を目指していることについて、玉木氏は「国民民主党は、政党によるテレビ広告を原則禁止することを盛り込んだ独自の法案を国会に提出しているので、まずはこちらをしっかり審議して通してもらいたい」と述べた。
自民党は野党の意見を尊重せず、国民投票法改正案の強行採決するでしょう。

議案名「日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCD74A.htm

恐らく、 原口一博君外二名が衆院に提出した法案が「政党によるテレビ広告を原則禁止することを盛り込んだ独自の法案」だと思います。




関連

[衆院憲法審査会] 自民 5月23日の憲法審査会開催を提案 国民投票法改正案の審議など
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465773070.html

[衆院憲法審査会] 5月16日、 国民投票法改正案審議・採決見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465738355.html

[衆院憲法審査会] 5月9日、憲法改正国民投票に係る有料広告の自主規制の検討状況について 民放連、CM規制強化に反対 国民投票巡り、意見聴取
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465591421.html

[衆院憲法審] 4月25日、今国会初開催 CM規制で来月意見聴取
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465427301.html

5月17日、衆院憲法審査会 開催、幹事の補欠選任のみで散会 審査会に先立ち、与党が国民投票法改正案示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459476745.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html
ラベル:玉木雄一郎
posted by hazuki at 00:10| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。