2019年07月21日

[参院選] れいわ、比例代表で1議席確実 諸派が現行制度で初めて

[参院選] れいわ、比例代表で1議席確実 諸派が現行制度で初めて

れいわ、比例代表で1議席確実 諸派が現行制度で初めて
https://this.kiji.is/525637381834441825?c=39546741839462401
2019/7/21 21:29 (JST) 7/21 21:33 (JST)updated

 政治団体「れいわ新選組」は比例代表で1議席獲得が確実となり、2議席目をうかがう。政党要件を持たない諸派が比例議席を得るのは、2001年の非拘束名簿式導入から初めて。山本太郎代表はテレビ番組で「政治に何かしらの風穴をあける存在が必要だったのではないか」と述べた。

 当選者は「特定枠」の1位で擁立した筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の船後靖彦氏。もう1議席積み増せば特定枠2位の重度障害者木村英子氏が当選する。比例代表に転出した山本氏は少なくとも3議席を獲得しなければ落選する。


ALS患者の船後靖彦氏と山本太郎.PNG



政治団体「れいわ新選組」は比例代表で1議席獲得が確実となり、2議席目をうかがう。
当選者は「特定枠」の1位で擁立した筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の船後靖彦氏。
比例代表に転出した山本氏は少なくとも3議席を獲得しなければ落選する。
仮に、特定枠の2名が当選したら、色々と大変だと思います。
れいわは頑張った。
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。