2019年07月21日

[群馬県知事選] 山本一太氏が当選確実

[群馬県知事選] 山本一太氏が当選確実

群馬県知事選 山本一太氏が当選確実
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190721/k10012001561000.html?utm_int=news_contents_news-main_005
2019年7月21日 20時01分

任期満了に伴う群馬県知事選挙は21日投票が行われ、無所属の新人で自民党と公明党が推薦した元参議院議員の山本一太氏が、共産党が推薦した新人の石田氏を抑え、初めての当選を確実にしました。

山本氏は、群馬県草津町出身の61歳。
JICA=国際協力機構に勤務したあと、平成7年から参議院議員を4期務め、この間、外務副大臣や沖縄・北方担当大臣などを歴任しました。

今回の群馬県知事選挙は3期務めた現職の大沢正明知事の引退に伴って、28年ぶりに新人どうしの争いとなりました。

選挙戦で山本氏は、政府・与党とのつながりや国政での経験をアピールし、みずからのトップセールスで群馬の魅力や知名度を高め地域経済の活性化につなげたいと訴えました。

その結果、推薦を受けた自民党と公明党の支持層のほか、いわゆる無党派層などから幅広く支持を集め、初めての当選を確実にしました。


山本一太・群馬知事選・当確.PNG



任期満了に伴う群馬県知事選挙は21日投票が行われ、無所属の新人で自民党と公明党が推薦した元参議院議員の山本一太氏(61)が、共産党が推薦した新人の石田清人氏(62)を抑え、初めての当選を確実にした。
自民党の参院議員を24年間務めた山本氏は、テレビ出演による知名度や、多くの団体の推薦で支持を広げた。
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:26| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。