2019年07月13日

[参院選] 「希望と安心」掲げる共産党

[参院選] 「希望と安心」掲げる共産党

シリーズ参院選 「希望と安心」掲げる共産党
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000159319.html
2019/07/12 12:20

 参議院選挙の投開票日まであと9日、シリーズでお届けする各党の主張です。12日は「希望と安心」をスローガンに掲げる共産党です。

 日本共産党は、有権者の関心が高い消費税10%の増税阻止を訴えることで議席獲得を目指します。
 共産党・志位委員長:「税金の在り方決めるのは安倍首相じゃない、主権者である国民の皆さんです。ですから皆さん、この力、主権者の力を発揮しようじゃないですか。(消費税)10%、必ず止めようではありませんか」
 実質賃金が下がるなかでの消費税増税は無謀だとして、公約では10%への増税中止を掲げています。一方で、「3つの提案」として最低賃金を1500円まで上げていくことや、低年金の人に年6万円を上乗せして給付することなどを訴えています。この実現に必要な約7.5兆円の財源は大企業に対する税制優遇の見直しなどで賄い、消費税増税の必要性はないとしています。野党共闘を掲げる共産党、憲法など統一候補のなかで見解が割れるなかで、どこまで議席を伸ばせるかが焦点です。


志位和夫・参院選.PNG



日本共産党は、有権者の関心が高い消費税10%の増税阻止を訴えることで議席獲得を目指す。
実質賃金が下がるなかでの消費税増税は無謀だとして、公約では10%への増税中止を掲げている。
「低年金の人に年6万円を上乗せして給付する」ことは良いと思います。
実現に必要な約7.5兆円の財源は大企業に対する税制優遇の見直しなどで賄う。
私が65歳を過ぎた時、遺族年金の寡婦加算がなくなるが自分の年金を請求出来るようになる。
私は国民年金1号の期間が長いので、1ヶ月に5万6千円ぐらいしか自分の年金はない。
遺族年金と自分の年金を合わせて低年金になれば、少し上乗せして貰えないだろうか?
この考えは甘いか。
私は低年金の層に入らないかも知れないが、自営業の人は国民年金1号なので、年金だけでは、光熱費を払うだけで精一杯。
持ち家に住んでなければ家賃も掛かる。
安倍政権はマクロ経済スライドを導入して、マクロ経済スライドが発動した。
年金は少し増えたと言っても微々たるもの。
共産党が多くの議席を獲得することは、あり得ないが、少し夢を見たい。
選挙区は共産党の候補。
比例は共産党にする。
反グローバリズムで頑張っている政党を応援したい。


ラベル:志位和夫
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:14| Comment(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。