2019年07月02日

安倍首相 サウジ ムハンマド皇太子と会談 緊張緩和へ協力で一致

安倍首相 サウジ ムハンマド皇太子と会談 緊張緩和へ協力で一致

首相 サウジ ムハンマド皇太子と会談 緊張緩和へ協力で一致
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190630/k10011976221000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_033
2019年6月30日 16時37分

軍事的な緊張が続く中東情勢をめぐって、安倍総理大臣は、サウジアラビアのムハンマド皇太子と会談し、事態の打開には関係国の外交努力が不可欠だと伝え、緊張緩和に向けて緊密に協力していくことで一致しました。

G20大阪サミットを終えた安倍総理大臣は、30日昼前から、大阪市で、次のG20の議長国となるサウジアラビアのムハンマド皇太子と、昼食を交えておよそ2時間にわたって会談しました。

冒頭、安倍総理大臣が、「来年、サウジアラビアの首都リヤドで行われるG20サミットの成功に向けて協力していきたい」と述べたのに対し、ムハンマド皇太子は「今回のサミットの成功に安倍総理大臣が果たした役割に感謝したい」と応じ、次回のG20サミットの成功に向けた協力を確認しました。

また、会談では、イランの支援を受けたイエメンの反政府勢力がサウジアラビアの空港に攻撃を仕掛けるなど、軍事的な緊張が続く中東情勢をめぐっても意見を交わし、安倍総理大臣は、事態の打開のためには関係国の外交努力が不可欠だと伝え、中東の緊張緩和に向けて緊密に協力していくことで一致しました。

このほか会談で、安倍総理大臣は、サウジアラビアが石油依存からの脱却に向けて進めている経済の多角化政策を、官民を挙げて支援する考えを伝えました。


サウジアラビアのムハンマド皇太子と安倍晋三.PNG



軍事的な緊張が続く中東情勢を巡って、安倍首相は、サウジアラビアのムハンマド皇太子と会談し、事態の打開には関係国の外交努力が不可欠だと伝え、緊張緩和に向けて緊密に協力していくことで一致した。
G20大阪サミットを終えた6月30日の会談です。
このほか会談で、安倍首相は、サウジアラビアが石油依存からの脱却に向けて進めている経済の多角化政策を、官民を挙げて支援する考えを伝えた。




参考資料

令和元年6月30日 G20大阪サミット関連行事 -3日目-
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201906/30g20.html
ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:17| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。