2019年06月23日

国民 国家戦略特区の公正性確保へ 法改正案を提出

国民 国家戦略特区の公正性確保へ 法改正案を提出

国民 国家戦略特区の公正性確保へ 法改正案を提出
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190620/k10011962561000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_056
2019年6月20日 20時19分

国家戦略特区で実施される規制緩和を決める過程が不透明だとして、国民民主党は、総理大臣や関係閣僚が学識経験者から意見を聞く場合は、公正性が損なわれないよう、必要な措置を講じるよう求める法案を参議院に提出しました。

国民民主党が提出した国家戦略特区法の改正案には、特区で実施される規制緩和を決める際には、公正性と透明性を確保し、特定の人に不当な利益を与え、国民の疑惑や不信を招くことになってはならないとしています。

そして、総理大臣や関係閣僚が、学識経験者などから意見を聞く場合は、公正性が損なわれないよう、必要な措置を講じるよう求めています。

国民民主党の櫻井充参議院議員は「国家戦略特区の会議だけでなく規制改革会議などにも、さまざまな問題があるので、対象の範囲を広げることや罰則規定を設けることも検討したい」と述べました。


国民・国家戦略特区.PNG



国家戦略特区で実施される規制緩和を決める過程が不透明だとして、国民民主党は、総理大臣や関係閣僚が学識経験者から意見を聞く場合は、公正性が損なわれないよう、必要な措置を講じるよう求める法案を参院に提出した。
国家戦略特区の会議だけでなく規制改革推進会議などにも、様々な問題があるので、対象の範囲を広げることや罰則規定を設けることも検討して欲しい。

国家戦略特区の運用の適正化を図るための2法案を参院に提出
https://www.dpfp.or.jp/article/201628

国民民主党は20日、「国家戦略特別区域法の適用の停止等に関する法律案」(国家戦略特区停止・見直し法案)と「国家戦略特区域等に関する制度の運用における公正性及び透明性の確保を図るための法律案」(国家戦略特区公正性・透明性確保法案)を国民民主党単独で参院に提出。桜井充、森ゆうこ、舟山康江の各参院議員が事務総長に法案を手交した。




参考資料

国家戦略特区の運用の適正化を図るための2法案を参院に提出
https://www.dpfp.or.jp/article/201628
ラベル:国民民主党
posted by hazuki at 21:59| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。