2019年06月21日

認知症予防を強化へ 自公が“基本法案”を提出

認知症予防を強化へ 自公が“基本法案”を提出

認知症予防を強化へ 自公が“基本法案”を提出
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190620/k10011961701000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_050
2019年6月20日 13時26分

将来的に増加が見込まれる認知症について、自民・公明両党は、予防や早期発見につなげる取り組みの強化を国などに求める「認知症基本法案」を衆議院に提出しました。

認知症と診断される人の数は、高齢化に伴い、2025年には65歳以上の約5人に1人に上ると推計されています。

自民・公明両党が提出した「認知症基本法案」では、理解を深めるための学校教育の充実や、認知症の人たちの交通手段を確保するなど、安心して暮らせる環境整備、それに早期発見につなげるための医療や介護、行政機関どうしの情報共有の推進などを国と自治体に求めています。

また、65歳未満で発症する「若年性認知症」の人について、本人の意欲や能力に応じて働く機会を確保するための必要な施策を講じることも求めています。

今国会の会期末が来週に迫っていることから、自民・公明両党は、次の国会で成立させたい考えで、野党側にも賛同を呼びかけていく方針です。


認知症予防・自公.PNG



将来的に増加が見込まれる認知症について、自民・公明両党は、予防や早期発見に繋げる取り組みの強化を国などに求める「認知症基本法案」を衆院に提出した。
閉会間近の通常国会で、認知症の予防の対策法案を提出するとは、参院選を意識してのことです。
何だか、認知症になってはいけないように感じてしまう。
認知症になりたくないし、なったら家族が困る。
ラベル:自民党 公明党
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:05| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。