2019年06月18日

金融庁「老後に3千万円必要」 審議会に独自試算、麻生太郎氏弁明

金融庁「老後に3千万円必要」 審議会に独自試算、麻生太郎氏弁明

金融庁「老後に3千万円必要」 審議会に独自試算、麻生氏弁明
https://this.kiji.is/513523013005788257?c=39546741839462401
2019/6/18 11:43 (JST)

 金融庁が、4月12日に開かれた金融審議会の市場ワーキング・グループに「夫婦で老後の30年間に1500万〜3千万円が必要」との独自試算を提示していたことが18日、分かった。2千万円の蓄えが必要とした金融審の報告書とは異なる内容で、報告書の金額よりも多い可能性があると認識していたことになる。

 麻生太郎金融担当相は18日の閣議後の記者会見で独自試算について「(報告書取りまとめの)途中経過を拾い出してきた話だ。個人に必要な資産形成額を一律に示したものではない」と釈明した。麻生氏はこれまで「(報告書が)政策遂行の参考になることはない」と説明していた。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年6月18日
財政金融委員会
約3時間13分

案件

政府参考人の出席要求に関する件
参考人の出席要求に関する件
財政及び金融等に関する調査

発言者一覧

中西健治(財政金融委員長)
藤末健三(自由民主党・国民の声)
熊野正士(公明党)
渡辺喜美(各派に属しない議員)
中西健治(財政金融委員長)
蓮舫(立憲民主党・民友会・希望の会)
古賀之士(国民民主党・新緑風会)
藤巻健史(日本維新の会・希望の党)
小池晃(日本共産党)


麻生太郎・参院財政金融委.PNG



金融庁が、4月12日に開かれた金融審議会の市場ワーキング・グループに「夫婦で老後の30年間に1500万〜3千万円が必要」との独自試算を提示していたことが18日、分かった。
2千万円の蓄えが必要とした金融審の報告書とは異なる内容。
明確に国民へ説明する必要がある。




参考資料

マクロ経済スライドってなに?
https://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/finance/popup1.html




参考

6月18日、老後2000万円報告書「質問への答弁控える」政府 閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467258109.html

[共同通信世論調査] 老後報告書拒否は「問題」71% 公的年金に不信63%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467228033.html

批判噴出で年金表現修正 「老後2千万円」報告書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467078598.html

「2000万円必要」試算 二階俊博氏「国民に誤解、金融庁に抗議」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467042990.html

麻生太郎氏「報告書受け取らない」 老後2千万円問題
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467042217.html

蓮舫「65歳から30年生きると、2000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか」⇒安倍首相「これは不正確であり、誤解を与えるものであった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467024388.html

人生100年時代、年金頼み限界 金融庁、2千万円蓄え必要と試算⇒麻生太郎氏、金融審報告の表現不適切「老後2千万円」で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466739887.html
ラベル:麻生太郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:19| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。