2019年05月30日

[日バングラディシュ首脳会談] バングラデシュのインフラ整備 1300億円余の円借款で合意

[日バングラディシュ首脳会談] バングラデシュのインフラ整備 1300億円余の円借款で合意

バングラデシュのインフラ整備 1300億円余の円借款で合意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190529/k10011934061000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_027
019年5月29日 20時15分

安倍総理大臣は、日本を訪れている南西アジア、バングラデシュのハシナ首相と会談し、港や都市鉄道の整備などで、1300億円余りの円借款を行うことで合意しました。

バングラデシュのハシナ首相は、28日から日本を訪れていて、29日午後、総理大臣官邸を訪れ、安倍総理大臣と7回目の首脳会談を行いました。

会談で、両首脳は、中国がインフラ整備などでアジア地域での影響力を強めていることも念頭に、バングラデシュ南東部の港や首都ダッカの都市鉄道の整備などで、1300億円余りの円借款を行うことで合意しました。

また、日本での外国人材の受け入れ拡大に合わせて、バングラデシュの人たちが日本で働きやすくするよう環境を整備していくことも確認しました。

さらに、安倍総理大臣は、隣国ミャンマーからバングラデシュに避難しているロヒンギャの人たちの早期帰還に向け、引き続き支援していくことを伝えました。

会談のあと、安倍総理大臣は共同記者発表で、「2022年は国交樹立50周年となる節目の年だ。会談を弾みに、バングラデシュおよび地域の平和と繁栄に向けて両国のパートナーシップを一層強化していきたい」と述べました。


バングラデシュのハシナ首相と安倍晋三.PNG



安倍首相は、日本を訪れている南西アジア、バングラデシュのハシナ首相と会談し、港や都市鉄道の整備などで、1300億円余りの円借款を行うことで合意した。
また、日本での外国人材の受け入れ拡大に合わせて、バングラデシュの人たちが日本で働きやすくするよう環境を整備していくことも確認した。

令和元年5月29日 日・バングラデシュ首脳会談等
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201905/29bangladesh.html

令和元年5月29日、安倍総理は、総理大臣官邸でバングラデシュ人民共和国のシェイク・ハシナ首相と首脳会談等を行いました。




参考資料

日・バングラデシュ首脳会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/bd/page1_000812.html


ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。