2019年05月12日

3月27日、電力先物、試験上場申請へ 総合エネ市場創設目指す 東商取

3月27日、電力先物、試験上場申請へ 総合エネ市場創設目指す 東商取

電力先物、試験上場申請へ=総合エネ市場創設目指す−東商取
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032701127&g=eco
2019年03月28日07時09分

東京商品取引所が、一両日中にも経済産業、農林水産両省に、電力先物の試験上場を認可申請することが分かった。27日、複数の関係者が明らかにした。東商取は現在、日本取引所グループ(JPX)と総合取引所の実現に向けて協議しており、28日にも結果を発表する。既存の石油市場は東商取が引き続き担うとみられ、電力のほか、液化天然ガス(LNG)、石炭なども含め、総合エネルギー市場の創設を目指す。
 電力先物の上場をめぐっては、東商取は当初、取引期限がない本上場を目指していた。しかし、申請に必要な発起人となる大手電力との調整が難航。発起人を新電力に改め、条件が緩やかな試験上場に切り替えた。発起人には、再生可能エネルギーを扱う業者、石油専門商社の名が挙がっている。


電力先物市場の試験上場の申請.PNG



東京商品取引所が、経済産業、農林水産両省に、電力先物の試験上場を認可申請した。

第44回規制改革推進会議
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20190510/agenda.html

資料4-1 金融商品取引所に上場する際の商品市場所管大臣による同意について(案)(経済産業省提出資料)
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20190510/190510honkaigi05.pdf

資料4-2 電力先物市場の試験上場の申請(経済産業省提出資料)
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20190510/190510honkaigi06.pdf

電力先物市場について、時限的な上場(試験上場)の申請が平成31年3月27日に東京商品取引所からなされた。
既存の原油・石油製品で構成する「石油市場」に上場し、当該市場を「エネルギー市場」と改組。

5月10日の規制改革推進会議の資料で明らかになった。




参考

[規制改革推進会議] 5月10日、「介護休暇、時間単位取得を」 規制改革推進会議が法改正要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465637004.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:03| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。