2019年05月04日

小泉進次郎氏「日本は国際社会への関与深めるべき」 CSISで講演

小泉進次郎氏「日本は国際社会への関与深めるべき」 CSISで講演

小泉進次郎氏「日本は国際社会への関与深めるべき」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190504/k10011904961000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_002
2019年5月4日 4時57分

ワシントンを訪れている自民党の小泉進次郎氏は講演で、日本は国際社会への関与を深める必要があるとして、アメリカなどとの協力強化を目指す方針を示しました。

小泉進次郎氏は日本時間の3日夜、かつて研究員として在籍していたワシントンのシンクタンク、CSIS=戦略国際問題研究所で講演しました。

この中で小泉氏は「日本は変わらなければならない。国際社会に対する関与を深め、より重要な役割を果たすべきだ」と述べ、日米同盟を基軸に、アメリカやインドなどとの協力強化を目指す方針を示しました。

また、「日本は人口が減少しているからこそ、外に目を向けなければならない」と述べ、自由貿易を推進し、農産物の輸出増加など市場拡大を図る必要があると指摘しました。

さらに小泉氏は「日本は人生100年時代の社会をつくる最初の国になる。終身雇用や戦後の社会システムを維持するかぎり繁栄はない」と述べました。

そして、「私はケネディ元大統領のように国民の力を引き出し、日本の未来に必要なすべての改革を実行するため、全力を尽くす覚悟だ」と述べ、日本のリーダーとして社会保障や雇用制度などの改革に取り組む意欲を示しました。


小泉進次郎・CSIS.PNG



小泉進次郎氏は日本時間の3日夜、かつて研究員として在籍していたワシントンのシンクタンク、CSIS=戦略国際問題研究所で講演した。
小泉氏は「日本は変わらなければならない。国際社会に対する関与を深め、より重要な役割を果たすべきだ」と述べ、日米同盟を基軸に、アメリカやインドなどとの協力強化を目指す方針を示した。
進次郎がCSISに在籍していた時の上司は、「日本の総理はバカにしかやらせない」のマイケル・グリーン。
進次郎はCSISの操り人形です。
進次郎に注意せよ。




おまけ
日本の総理は馬鹿しかやらせない.PNG



参考資料

小泉進次郎の覚悟「国会では友人はできない」
https://www.fnn.jp/posts/00338310HDK




関連

在米日本大使館が「民進党分裂は米国が意図して作り上げた」の極秘報告書! 前原、小池、安倍とジャパンハンドラー
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454886183.html
ラベル:CSIS 小泉進次郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:28| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。