2019年04月21日

厚生年金、加入期間70歳以上も 受給年齢見直しに合わせ

厚生年金、加入期間70歳以上も 受給年齢見直しに合わせ
https://this.kiji.is/492608811049583713?c=39546741839462401
2019/4/21 17:12 4/21 18:46updated

 厚生労働省は、会社員らが入る厚生年金について、加入期間を70歳以上に延長する検討に入る。現在は70歳未満が加入している。保険料を支払う期間が長くなれば将来受け取れる年金額は増える。公的年金は受給開始の選択幅を70歳超へ広げる方針が固まっており、それに合わせた対応。政府は高齢者雇用の促進にも取り組む。

 延長する場合、何歳まで拡大するかが焦点になる。厚労省は現在、5年に1度年金財政の健全性をチェックする財政検証を実施しており、6月ごろに結果を公表する見通し。その中で厚生年金の加入期間を長くした場合の年金財政への影響も試算し、結果を踏まえて議論を本格化させる。




厚生労働省は、会社員らが入る厚生年金について、加入期間を70歳以上に延長する検討に入る。
現在は70歳未満が加入している。
公的年金は受給開始の選択幅を70歳超へ広げる方針が固まっており、それに合わせた対応。
年金の受給開始を70歳超へ広げる方針とは知らなかった。
75歳まで加入出来るのか、80歳まで加入出来るのか。
もう年金の意味がなくなりますね。
在職老齢年金の廃止も検討されています。




関連

在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465253728.html


ラベル:厚生労働省
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:11| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。