2019年04月08日

[希望の党] 中山恭子氏 参院選立候補せず 政界引退へ

[希望の党] 中山恭子氏 参院選立候補せず 政界引退へ

中山恭子氏 参院選立候補せず 政界引退へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190408/k10011876941000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_013
2019年4月8日 13時48分

希望の党の中山恭子元拉致問題担当大臣は改選を迎える夏の参議院選挙に立候補せず、政界を引退する考えを明らかにしました。

希望の党の中山恭子元拉致問題担当大臣は8日、みずからのフェイスブックに「7月の参議院選挙に立候補しないと決意した。心残りは、北朝鮮による拉致問題だ。安倍総理大臣のご指導のもとで、一刻も早く、拉致被害者が日本の土を踏み、ご家族の元に戻ることを切に願っている」などと書き込みました。

中山氏は、NHKの取材に対し「新しい令和の元号が発表され、時代が変わるタイミングで決意した。ほかの選挙に立候補する考えはない」と述べ、政界を引退する考えを明らかにしました。

中山氏は、参議院比例代表選出の当選2回で79歳。

平成14年の小泉総理大臣の北朝鮮訪問のあと内閣官房参与として、北朝鮮による拉致事件の被害者や家族への対応に当たりました。

そして、平成19年の参議院選挙に自民党から立候補して初当選し、福田改造内閣で、拉致問題担当大臣を務めました。

希望 松沢代表「本人の決断 受け止めたい」

希望の党の松沢代表は、記者会見で「本人の決断ということで受け止めたい。拉致問題などでリーダーシップをとって頑張られていて、党の支柱でもあり、もう少し、頑張っていただきたいと思っていたが残念だ」と述べました。


中山恭子・引退へ.PNG



希望の党の中山恭子元拉致問題担当大臣は改選を迎える夏の参議院選挙に立候補せず、政界を引退する考えを明らかにした。
心残りは、北朝鮮による拉致問題。
中山恭子が憲法改正に賛成で、種子法廃止に賛成し、漁業法改正に賛成し、水道法改正案に賛成した売国奴には変わりない。
引退していいですよ。
お疲れ様でした。


ラベル:中山恭子
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:40| Comment(0) | 希望の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。