2019年03月14日

自民・小泉進次郎氏 医師の働き方改革で“看護師などへの業務移管を”

自民・小泉進次郎氏 医師の働き方改革で“看護師などへの業務移管を”

自民 小泉氏 医師の働き方改革で“看護師などへの業務移管を”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190309/k10011841871000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_081
2019年3月9日 18時56分

長時間労働が問題となっている医師の働き方改革に向けて、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は、看護師や薬剤師への業務の移管などについて議論を進める考えを示しました。

小泉厚生労働部会長は神奈川県横須賀市で講演し、医師の働き方改革をめぐって、「24時間どころではない働き方をしている医師もおり、どうにかしなければいけない。日本の医療は、医師は自分を犠牲にして働くのが当たり前という考え方で来たが、それで安心な医療が持続可能かが問われている」と指摘しました。

そのうえで「アメリカなどでは、予防接種は薬局でやるもので、病院には行かないが、日本では法律で医療行為は医師しかしてはいけないことになっている。看護師や薬剤師にできることがもっとあるはずだ」と述べ、看護師や薬剤師への業務の移管などについて議論を進める考えを示しました。


小泉進次郎1.PNG



長時間労働が問題となっている医師の働き方改革に向けて、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は、看護師や薬剤師への業務の移管などについて議論を進める考えを示した。
看護師や薬剤師は医師免許がない。
業務の移管が出来るものと出来ないものが出て来るのではないか。




参考

[働き方改革関連法案] 6月28日、参院厚生労働委員会で働き方改革関連法案が可決⇒6月29日、参院本会議で働き方改革関連法が成立 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460252058.html
ラベル:小泉進次郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:27| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。