2019年03月07日

[内閣府] 1月景気指数、後退局面の可能性 「戦後最長」に疑問符

[内閣府] 1月景気指数、後退局面の可能性 「戦後最長」に疑問符

1月景気指数、後退局面の可能性 「戦後最長」に疑問符
https://this.kiji.is/476262477560235105?c=39546741839462401
2019/3/7 18:32

内閣府は7日、1月の景気動向指数の速報値を発表し、景気が既に後退期に入った可能性が高いことを表す「下方への局面変化」に基調判断を引き下げた。中国経済の減速で生産が落ち込み、景気の現状を示す一致指数(2015年=100)が前月比2.7ポイント低下の97.9と、5年7カ月ぶりの低水準に悪化したことが響いた。政府は景気拡大期が1月で戦後最長に達したとの暫定的な見解を示してきたが、疑問符が付く結果となった。

 アベノミクスによる好景気を支持に結び付けてきた安倍政権には打撃だ。10月の消費税率10%への引き上げに逆風が強まることも予想される。




内閣府は7日、1月の景気動向指数の速報値を発表し、景気が既に後退期に入った可能性が高いことを表す「下方への局面変化」に基調判断を引き下げた。
アベノミクスによる好景気を支持に結び付けて来た安倍政権には打撃。
10月の消費税率10%への引き上げに逆風が強まることも予想される。
1月の時点で、景気が既に後退局面に入っていた可能性を示す内容。
「今の景気回復が戦後最長になったとみられる」とする政府見解とは異なる結果。
景気の判断が分かれること自体、今の景気回復が力強さを欠いていることの現れですね。
ラベル:内閣府
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:48| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。