2019年03月06日

馬券のネット購入に上限額も ギャンブル依存対策強化へ

馬券のネット購入に上限額も ギャンブル依存対策強化へ

馬券のネット購入に上限額も ギャンブル依存対策強化へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190306/k10011837221000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_017
2019年3月6日 5時10分

政府はギャンブル依存症の対策を強化するため、家族からの申告があれば、本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限できるよう事業者に促すことなどを盛り込んだ対策の基本計画の素案をまとめました。

政府は、去年7月に成立したギャンブル依存症対策の法律に基づいて、今後3年間の具体的な対策を定めた基本計画を策定することにしていて、その素案が明らかになりました。

それによりますと、パチンコへの過度の依存を防ぐため、家族からの申告があれば、本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限できるようにする取り組みを新年度中に導入するよう事業者に促すとしています。

また、競馬の馬券や競艇の舟券をインターネットで購入する際、本人の希望に応じて、あらかじめ上限額を設定できる仕組みを再来年度から導入することや、公営ギャンブルの施設などからATMを撤去することを、それぞれの事業者に要請することが盛り込まれています。

さらに、依存症の患者が専門家に相談できる窓口や、治療を受けられる拠点を再来年度をめどに、すべての都道府県と政令指定都市に整備するとしています。

政府は、6日開かれる事業者や有識者などを集めた会議に、この素案を示すことにしていて、会議での意見を踏まえて、ことし春までに基本計画を閣議決定したいとしています。




昨年7月に成立したギャンブル依存症対策の法律に基づいて、今後3年間の具体的な対策を定めた基本計画を策定することにしていて、その素案が明らかになった。
パチンコへの過度の依存を防ぐ為、家族からの申告があれば、本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限出来るようにする取り組みを新年度中に導入するよう事業者に促す。
また、競馬の馬券や競艇の舟券をインターネットで購入する際、本人の希望に応じて、予め上限額を設定出来る仕組みを再来年度から導入する。




参考

[ギャンブル等依存症対策基本法案] 5月25日、ギャンブル依存症法案が衆院通過 自公維が提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459610422.html

[ギャンブル等依存症対策基本法案] 5月16日、ギャンブル依存症対策法案を提出 カジノ解禁に向け、自公維3党で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459430629.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:35| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。