2018年10月21日

安倍首相、アズレー・ユネスコ事務局長と会談

安倍首相、アズレー・ユネスコ事務局長と会談

安倍首相、ユネスコ事務局長と会談
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3501550.htm
18日 20時24分

ヨーロッパを訪問中の安倍総理は、ユネスコのアズレ事務局長と初めて会談し、「世界の記憶」の審査制度などユネスコの改革に引き続き協力する考えを示しました。

 「ユネスコの非政治化に向けて改革を推し進めておられることを高く評価しています」(安倍首相)

 会談で安倍総理は、このように述べたうえで、アズレ事務局長が進めるユネスコ改革に、日本として引き続き協力する考えを示しました。

 ユネスコは2015年、中国が申請した「南京大虐殺文書」を「世界の記憶」=世界記憶遺産に登録し、日本は審査制度が不透明だとして、去年、分担金およそ34億円などの支払いを一時、留保しました。アズレ氏は「ユネスコに政治対立を持ち込むべきではない」と主張して、去年11月、ユネスコの事務局長に就任し、世界記憶遺産の審査制度の見直しを進めています。


ユネスコのアズレと安倍晋三.PNG



安倍首相はヨーロッパから帰国した。
EU諸国訪問で、安倍首相は、ユネスコのアズレー事務局長と初めて会談し、「世界の記憶」の審査制度などユネスコの改革に引き続き協力する考えを示した。
南京大虐殺文書を記憶遺産として登録したことで、ユネスコの分担金を一時、留保した日本。
安倍首相は、「ユネスコの非政治化に向けて改革を推し進めておられることを高く評価しています」とよく言えますね。
アズレーの表敬を受けた安倍首相です。
もう中国の記憶遺産申請して、ユネスコが登録したことを忘れたのかのよう。




参考資料

アズレー・ユネスコ事務局長による安倍総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/pr_pd/mcc/page4_004421.html
ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:31| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。