2018年09月21日

防衛省、極超音速ミサイル開発へ 敵基地攻撃能力懸念も

防衛省、極超音速ミサイル開発へ 敵基地攻撃能力懸念も
https://this.kiji.is/415065564218868833?c=39546741839462401
2018/9/19 18:31

防衛省は、マッハ5以上の速度で飛行し、相手のレーダー網などをくぐり抜ける「極超音速巡航ミサイル」の開発に乗り出す。2019年度予算の概算要求に、極超音速を生み出す特殊なエンジンの技術研究費として64億円を計上した。核兵器に代わる次世代兵器とされており、相手のミサイル発射台などをたたく「敵基地攻撃能力」保有につながるとの懸念が強まる可能性もある。

 極超音速の兵器は米国や中国、ロシアが開発を競う。防衛省は、島しょ防衛のための対艦ミサイルなどへの使用を想定。「既存の対艦ミサイルの能力向上が目的で、米国などとは用途が違う」と説明している。




防衛省は、マッハ5以上の速度で飛行し、相手のレーダー網などをくぐり抜ける「極超音速巡航ミサイル」の開発に乗り出す。
2019年度予算の概算要求に、極超音速を生み出す特殊なエンジンの技術研究費として64億円を計上した。
防衛省は、島しょ防衛のための対艦ミサイルなどへの使用を想定。
島しょ防衛の為ならば、開発して欲しいです。
研究費をケチらないで。
ラベル:防衛省
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:56| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。