2018年08月23日

[旧優生保護法] 記録なし、法逸脱も対象 強制不妊手術の救済案(超党派議連)

[旧優生保護法] 記録なし、法逸脱も対象 強制不妊手術の救済案(超党派議連)

記録なし、法逸脱も対象=強制不妊手術の救済案−超党派議連
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082200961&g=pol

旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、超党派の議員連盟(会長・尾辻秀久元参院副議長)が、手術記録のない人や子宮摘出といった同法の規定を逸脱した手術を受けた人も対象に含める被害者救済案を検討していることが22日、分かった。議連は来年の通常国会への法案提出を目指している。
 検討中の案では、救済は違法行為による賠償とはせず、被害への補償と位置付け、一時金の支給を想定している。金額は今後検討するが、手術に対する本人同意の有無などで差は設けない。
 対象者は、有識者らによる委員会が判定し、厚生労働相が認定する仕組みをつくる。手術記録が残っていない場合でも、本人や関係者の証言と、新たに医師が作成する手術痕に関する診断書があれば認定可能にする。(2018/08/22-19:03)


旧優生保護法・資料.PNG



旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題。
超党派の議員連盟(会長・尾辻秀久元参院副議長)が、手術記録のない人や子宮摘出といった同法の規定を逸脱した手術を受けた人も対象に含める被害者救済案を検討していることが22日、分かった。
議連は来年の通常国会への法案提出を目指している。
旧優生保護法の賠償訴訟では国が争う方針を示しているので、期待出来ないが、超党派で、救済の動きです。




参考資料

不妊手術強制、国を初提訴 「旧優生保護法は違憲」賠償請求
https://this.kiji.is/330889827334145121

旧優生保護法で不妊手術、児童も 宮城県資料、半数以上が未成年
https://this.kiji.is/331000442841908321




参考

[旧優生保護法] 不妊手術の記録なしでも救済検討 年内に基本方針策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461109664.html

[旧優生保護法] 不妊強制の救済立法、来年にも 与党チーム、調査に時間
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458476462.html

[旧優生保護法賠償訴訟] 国、請求棄却求める 仙台地裁初弁論 原告「違憲」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458445381.html

[旧優生保護法] 障害ない男性に手術強制、70代男性が国を提訴へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458288646.html

[旧優生保護法] 旧厚生省が禁止の放射線照射を容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457957877.html

[旧優生保護法] 国は強制不妊実態把握を 北海道が厚生労働省に要望
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457206328.html

[旧優生保護法] 不妊手術強制で救済検討の動き 自民、ハンセン病など参考に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456909620.html


ラベル:旧優生保護法
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:27| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。