2018年07月31日

[日独外相会談] 日独外相、自由貿易を擁護 日欧EPA歓迎の共同声明

[日独外相会談] 日独外相、自由貿易を擁護 日欧EPA歓迎の共同声明

日独外相、自由貿易を擁護 EPA歓迎の共同声明
https://this.kiji.is/394707716352754785?c=39546741839462401
2018/7/25 13:28

河野太郎外相は25日、ドイツのマース外相と東京都内で会談した。今月17日の日本と欧州連合(EU)による経済連携協定(EPA)署名を歓迎した上で「自由貿易や気候変動への対処など多国間協調主義をはじめとするルールに基づく国際秩序を擁護する」との共同声明を発表した。

 トランプ米政権による地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」の離脱表明や、保護主義的な通商政策によって激化する貿易摩擦への懸念を踏まえた。EUは、トランプ政権による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に対し、米国製品に高関税を課す報復措置を発動するなど対立している。


河野太郎(右)・日独外相.PNG




河野太郎外相は7月25日、ドイツのマース外相と東京都内で会談した。
7月17日の日欧EPA署名を歓迎した上で「自由貿易や気候変動への対処など多国間協調主義をはじめとするルールに基づく国際秩序を擁護する」との共同声明を発表した。

日独外相会談及びワーキングランチ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006274.html

今回発出した共同声明(日本語及び独語)(PDF)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000384735.pdf

「河野太郎日本国外務大臣とハイコ・マース・ドイツ連邦共和国外務大臣は,2018年7月25日,東京において会談を行った。」

河野大臣から、日本は、強く結束した欧州を支持している旨述べた上で、両大臣は、EU加盟を目指す西バルカンに関する日独連携を進めるべく、両国の西バルカン担当大使/局長による協議を立ち上げることで一ました。
河野外務大臣とマース・ドイツ連邦共和国外務大臣は,7月17日の日EU・EPA及びSPAの署名を歓迎し、両協定の早期発効に向けて、引き続き連携していくことを確認した。

マース・ドイツ外務大臣による安倍総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/c_see/de/page4_004228.html

安倍晋三内閣総理大臣は、マース・ドイツ連邦共和国外務大臣による表敬を受けた。

日独外相会談では、日EU関係だけでなく、地域情勢が話し合われ、北朝鮮について、両大臣は、引き続き北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な廃棄が必要であり、国連安保理決議の完全な履行に向け、日独で連携していくことで一致した。




参考資料

日独外相会談及びワーキングランチ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006274.html




参考

[日欧EPA] 日欧、経済連携協定に署名 世界最大級の自由貿易圏誕生
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460571745.html
ラベル:河野太郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:19| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。