2018年06月22日

[政府答弁書] 6月22日、閣僚喫煙、財務省と国家公安委員会で可を閣議決定

[政府答弁書] 6月22日、閣僚喫煙、財務省と国家公安委員会で可を閣議決定

閣僚喫煙、財務省と国家公安委員会で可=政府答弁書
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062200677&g=pol

政府は22日、閣僚が自身の判断で執務室を喫煙可能としているのは国家公安委員会と財務省の2行政機関であることを、同日閣議決定した政府答弁書で明らかにした。財務省では副大臣、政務官の執務室でも喫煙可という。
 政府は今国会で受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を提出しており、成立すれば全ての行政機関の庁舎で屋内禁煙となる。立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書への答弁。(2018/06/22-12:06)



平成30年6月22日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018062201.html

衆議院議員初鹿明博(立憲)提出閣僚等の執務室を直ちに禁煙にすることを求めることに関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)(厚生労働省)




政府は22日、閣僚が自身の判断で執務室を喫煙可能としているのは国家公安委員会と財務省の2行政機関であることを、同日閣議決定した政府答弁書で明らかにした。
財務省では副大臣、政務官の執務室でも喫煙可という。
衆議院議員初鹿明博(立憲)提出閣僚等の執務室を直ちに禁煙にすることを求めることに関する質問に対する答弁書についてを決定。
受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を提出しているのに、閣僚の喫煙が可能とは可笑しい。
受動喫煙対策をするならば、閣僚から禁煙をすべき。




参考資料

平成30年6月22日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018062201.html

第196回国会 385 閣僚等の執務室を直ちに禁煙にすることを求めることに関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/196385.htm

PDF資料
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon_pdf_s.nsf/html/shitsumon/pdfS/a196385.pdf/$File/a196385.pdf




関連

[健康増進法の一部を改正する法律案] 6月19日、“受動喫煙対策を強化” 健康増進法改正案が衆議院本会議で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460082079.html

[健康増進法の一部を改正する法律案] 6月8日、衆院本会議で健康増進法改正案(受動喫煙対策)が審議入り⇒同日、衆院厚生労働委員会で受動喫煙対策の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459957100.html


ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:18| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。