2018年05月07日

[日エストニア防衛相会談] サイバー攻撃対処で協力

[日エストニア防衛相会談] サイバー攻撃対処で協力

サイバー攻撃対処で協力 日エストニア防衛相会談
https://this.kiji.is/365854090032940129?c=39546741839462401
2018/5/6 22:33

小野寺五典防衛相は6日、訪問先のエストニアでルイク国防相と会談し、サイバー攻撃対策の先進国である同国とのサイバー分野での協力を進展させることで一致した。北朝鮮の核・ミサイル開発問題の解決に向け、最大限の圧力を維持することでも合意した。防衛省が6日、発表した。

 小野寺氏は、年末に見直す防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」でサイバー分野を重点的な検討対象にしていることを踏まえ「防衛省からの職員派遣を通じ協力関係をさらに発展させたい」と発言。ルイク氏もサイバー分野を含めた両国の防衛協力を一層強化したいと応じた。


小野寺五典(右)・エストニア.PNG



小野寺五典防衛相は6日、訪問先のエストニアでルイク国防相と会談し、サイバー攻撃対策の先進国である同国とのサイバー分野での協力を進展させることで一致した。
北朝鮮の核・ミサイル開発問題の解決に向け、最大限の圧力を維持することでも合意した。
防衛省が6日、発表した。
ユリ・ルイク・エストニア共和国国防大臣と会談したと報告している。
日報問題で、野党が小野寺氏の外遊を拒んでいた。
サイバー分野での協力は必要ですね。




追記

小野寺五典氏のエストニア訪問は、NATO絡みですね。

サイバー分野で協力強化=日エストニア防衛相会談
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050600435&g=pol

エストニアは首都タリンに北大西洋条約機構(NATO)のサイバー防衛協力センターを誘致しており、サイバー分野に高い知見を持つ。

そもそも必要なのか?NATO日本政府代表部を設立する法案が提出さる、欧米の集団的安全保障機構「北大西洋条約機構」
https://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/178f1a5bba87a07749ac05cb6edea9ad

政府は、欧米の集団的安全保障機構である、NATO(ナトー、北大西洋条約機構)に日本政府代表部を新設する法案を、平成30年2月9日、閣議決定し、国会に提出した。
「在外公館位置・給与法改正案」(196閣法19号)。
「在外公館位置・給与法改正案」の正式名称は、「在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案」で、外務省が提出した。

第196回国会提出法律案一覧
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/m_c/page25_001236.html

在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案

平成30年3月30日、成立。
平成30年3月31日、公布。
平成30年4月1日、施行。

在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案の成立・施行を受けて、小野寺五典氏がエストニアで会談したのか?という流れです。




参考資料

日エストニア防衛相会談
http://www.mod.go.jp/j/profile/minister/photo/2018/05.html#photo_0506b
ラベル:小野寺五典
【関連する記事】
posted by hazuki at 18:34| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。