2018年03月24日

[3月23日、米輸入制限発動] ライトハイザーUSTR代表、日本には適用 除外は7カ国・地域⇒世耕弘成経産相、輸入制限からの除外を働きかけ続ける

[3月23日、米輸入制限発動] ライトハイザーUSTR代表、日本には適用 除外は7カ国・地域⇒世耕弘成経産相、輸入制限からの除外を働きかけ続ける

米輸入制限、日本には適用=除外は7カ国・地域−通商代表
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032300052&g=eco

【ワシントン時事】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は22日、上院財政委員会の公聴会で、鉄鋼、アルミニウムの輸入制限措置の当初の除外対象となり得る7カ国・地域を発表した。日本は含まれず、23日に発動される初期の段階では新たな関税率が適用される。
 ライトハイザー代表は、カナダ、メキシコ、欧州連合(EU)、オーストラリア、アルゼンチン、ブラジルと韓国が一時的に関税の適用が除外されると説明。今後の協議で、最終的に確定する考えを示した。(2018/03/23-01:13)


ライトハイザー.PNG


米鉄鋼アルミ輸入制限からの除外を働きかけ続ける=世耕経産相
https://jp.reuters.com/article/us-steel-seko-idJPKBN1GZ08R
2018年3月23日 / 10:56

[東京 23日 ロイター] - 世耕弘成経済産業相は23日、閣議後の会見で、米国が同日、鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を引き上げる措置を発動することについて、改めて遺憾の意を示し、日本が対象から除外されるよう引き続き働きかけると述べた。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が議会証言で日本に自由貿易協定(FTA)を要望していると述べたことを受け「今後、日米経済対話の中でどのような枠組みが日米両国とアジア太平洋地域にとって最善であるかについて、建設的に議論が行われていくと理解している。米国とはよく意思疎通をしていきたい」と述べた。

米国の鉄鋼・アルミの輸入制限措置への対応について「今回の米国の措置に対抗してお互い対抗措置を応酬することになれば、自由貿易体制の崩壊につながりかねない。日本は冷静にWTO(世界貿易機関)を主軸にしながら問題の解決をな図っていくことが極めて重要」と述べた。

また、ライトハイザー代表が、国別除外については4月末までに議論を収束させたいと発言しているとし「引き続き、対象からの除外を粘り強く米国に働きかけていきたい」とした。

米国が中国に対し「通商法301条」の発動を表明したことについては「中身がよくわからないので、米国の今後の検討状況を注視していきたい」としたうえで、一般論として、技術情報の開示要求や外資企業に対する差別的なライセンシング、知財の侵害といった市場歪曲的措置は、日本にとっても深刻な懸念だと述べた。


世耕弘成・極めて遺憾.PNG



トランプが鉄鋼製品に25%、アルミニウム製品には10%の関税をそれぞれ課すと述べた問題。
ライトハイザーUSTR代表は22日、鉄鋼、アルミニウムの輸入制限措置の当初の除外対象となり得る7カ国・地域を発表した。
日本は含まれず、輸入制限が発動。
初期の段階では新たな関税率が適用される。
世耕弘成経済産業相は23日、米輸入制限発動について、改めて遺憾の意を示し、日本が対象から除外されるよう引き続き働きかけると述べた。
ライトハイザーUSTR代表が、国別除外については4月末までに議論を収束させたいと発言していることを受けての発言ですが、日本の適用除外は難しいと思います。
ベルギーに根回しに行ったのに、日本は除外されず遺憾の世耕弘成。
アメリカファーストだから、難しい。
ライトハイザーが日米FTAを要望したのは、貿易面で、日本が譲歩したら、除外しても良いというニュアンスだと思われます。
米国はNAFTAの再交渉の後、TPPに復帰を検討している。
日米FTAを締結して、TPPにも復帰出来たら、米国の思惑通りに進んでしまう。
水面下で進んでいる日米FTA交渉の締結は避けるべき。
ライトハイザーは、日米FTAに意欲を示している。
諦めてない。




参考資料

米鉄鋼輸入制限、23日に発動=通商代表が議会説明
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032100492&g=int

世耕経済産業大臣がベルギー王国へ出張しました
http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180311001/20180311001.html

経産相、日米欧貿易相会合へ 米輸入制限はWTOの枠組で対応
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/business/2018/03/209434.php?t=0

米通商拡大法232条
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030200278&g=tha

鉄鋼過剰生産問題を協議するグローバル・フォーラムがスタート(USTR、EU)
http://www.kanzei.or.jp/topic/international/2017/for20170105_2.htm<




参考

[米輸入制限] 3月23日発動 政府、除外要請を強化「粘り強く協議」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457956324.html

[米輸入制限] 世耕弘成経済産業相がライトハイザーUSTR代表に除外要請も「回答なし」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457905873.html

[米輸入制限] ウィルバー・ロス商務長官、全ての国に適用見通し⇒トランプ大統領、カナダ、メキシコ、オーストラリアを適用除外にする意向を表明 3月23日、輸入制限発動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457888596.html

[トランプ政権の輸入制限発動表明] 世耕弘成経産相と河野太郎外相が反論⇒ホワイトハウス高官、関税対象国に「例外なし」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457383942.html

世耕弘成経産相「米安全保障に影響ない」、トランプ政権の輸入制限発動表明で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457365043.html

トランプ政権、鉄鋼とアルミニウムに追加関税へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457359506.html
ラベル:世耕弘成
posted by hazuki at 01:23| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。