2018年02月02日

[緊急事態条項] 改憲で国民の私権制限「必要性感じない」公明・北側一雄氏

[緊急事態条項] 改憲で国民の私権制限「必要性感じない」公明・北側一雄氏

改憲で私権制限「必要性感じない」公明幹部
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26425640R00C18A2PP8000/
2018/2/1 19:00

公明党の北側一雄中央幹事会会長は1日の記者会見で、憲法改正で緊急時に財産権などの国民の権利を制限する規定を創設する案について「憲法上規定する必要性は感じていない」と述べた。憲法改正ではなく法律の整備で対応できるとの考えを示した。

 緊急時に国会議員の任期を延長できる規定を憲法に盛り込むことについては「十分論議に値する」と述べた。緊急事態の定義や判断の手続きなど、詰めるべき点が多いとし「相当ハードルは高い」とも述べた。

 自民党は1月31日の憲法改正推進本部で緊急事態条項について協議し、国会議員の任期延長規定については改憲案に盛り込む方針でおおむね一致している。




自民党改憲本部が緊急事態条項の議論をしたが、公明党の北側一雄中央幹事会会長は1日、憲法改正で緊急時に財産権などの国民の権利を制限する規定を創設する案について「憲法上規定する必要性は感じていない」と述べた。
法律の整備で対応出来るとの考えを示した。
自民党が国民の私権を制限することが望ましいとする案を阻止しなければならない。
カルト公明党の改憲がまともかも知れない。
しかし、公明党を「平和の政党」と信じ込んでいる創価学会の一般信者向けのパフォーマンスの可能性もあります。
公明党も緊急事態条項の創設に反対ではなかった筈です。
読売新聞で読んだ記憶があります。
#ヤバすぎる緊急事態条項




参考

[自民改憲本部] 国民の私権制限求める声続出 緊急事態条項「理想は2012年の党改憲草案だ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456581096.html
posted by hazuki at 00:46| Comment(0) | 公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。