2017年11月24日

自民党 復活当選2回以上 重複立候補を認めない方針

自民党 復活当選2回以上 重複立候補を認めない方針

自民 復活当選2回以上 重複立候補を認めない方針
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232701000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_013
11月22日 21時16分

自民党は、総務会で、衆議院選挙の公認候補予定者となる支部長について、2回以上続けて比例代表で復活当選した議員は、今後原則として比例代表への重複立候補を認めない方向とするなどとした新たな基本方針を了承しました。

22日開かれた自民党の総務会で、塩谷選挙対策委員長は、次の選挙の公認候補予定者となる支部長の選任の在り方を見直す新たな基本方針を示しました。

この中では、各選挙区の支部長について、毎年選挙区内の党員の獲得状況などを踏まえて差し替えも検討し、2回以上続けて小選挙区で議席を得られず、比例代表で復活当選した議員は、今後原則として比例代表への重複立候補を認めない方向とするとしています。

これに対し、出席者からは「選挙区ごとの特殊事情を十分勘案してほしい」といった意見が出されましたが、最終的に基本方針は、全会一致で了承されました。

このあと、竹下総務会長は、記者会見で「今回決めた基本方針が原則になるが、実際には選挙区事情などを個別に勘案して、各都道府県連と党本部の間で調整することになるだろう」と述べました。


自民党・総務会.PNG



自民党は、総務会で、衆議院選挙の公認候補予定者となる支部長について、2回以上続けて比例代表で復活当選した議員は、今後原則として比例代表への重複立候補を認めない方向とするなどとした新たな基本方針を了承した。
2回以上、比例代表で復活当選した議員の比例代表への重複候補を認めない方針に賛成です。
比例でしか当選出来ない自民党の候補は小選挙区で落選したら、比例復活なし。
この方針を日本維新の会もやれば良いと思います。
比例復活した足立康史は有言不実行。
小選挙区で落選したら、比例は辞退すると言いつつ、比例で復活している。

足立康史先生困った。比例復活も辞退か(笑)
https://togetter.com/li/1163753
ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:55| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。