2017年09月02日

中国・聯想控股(レジェンド・ホールディングス)、ルクセンブルク国際銀行を買収へ 約15億ユーロ(約1900億円)で 「一帯一路」融資も視野

中国・聯想控股(レジェンド・ホールディングス)、ルクセンブルク国際銀行を買収へ 約15億ユーロ(約1900億円)で 「一帯一路」融資も視野

中国・聯想控股、ルクセンブルク国際銀行を買収へ−約15億ユーロで
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-02/OVN4G96JIJUQ01
2017年9月2日 16:20 JS

カタール投資会社プレシジョン・キャピタルから株式の89.9%取得へ
BILはルクセンブルクの非公開銀行で最も歴史がある

中国のパソコン(PC)メーカー、レノボ・グループ(聯想集団)を傘下に持つレジェンド・ホールディングス(聯想控股)は、ルクセンブルクの非公開銀行で最も歴史があるルクセンブルク国際銀行(BIL)の株式89.9%を約15億ユーロ(約1968億円)で取得する。

  レジェンドが香港で提出した届け出によれば、カタールの王族メンバーの投資会社プレシジョン・キャピタルが保有する株式の取得で同社と合意した。1856年に設立されたBILの運用資産額は2016年末時点で380億ユーロ。

原題:China’s Legend to Buy Luxembourg Bank Stake for $1.8 Billion (1)(抜粋)


Legend Holdings.PNG



中国のパソコンメーカー、レノボ・グループ(聯想集団)を傘下に持つレジェンド・ホールディングス(聯想控股)は、ルクセンブルクの非公開銀行で最も歴史があるルクセンブルク国際銀行(BIL)の株式89.9%を約15億ユーロ(約1968億円)で取得する。
カタール系の投資会社プレシジョン・キャピタルからBILの発行済み株式の89.9%を取得する。
習近平が進める中国と欧州を結ぶ広域経済圏構想「一帯一路」に参画する中国企業に金融サービスを提供するのが狙い。
シルクロード経済圏構想「一帯一路」に参画する中国企業に金融サービスを提供するのが狙いですか。
中国経済が破綻した時に買収先も連鎖して破綻することが懸念される。
買収は欧州中央銀行(ECB)などの承認を得る必要があるようですが、中国の野望を承認しない方が良いと思います。



中国・聯想控股、ルクセンブルクの銀行買収 1900億円
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H0T_S7A900C1NNE000/
2017/9/2 10:28

中国企業が欧州老舗銀買収=「一帯一路」融資も視野
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200474&g=int
2017/09/02-19:44)


【関連する記事】
posted by hazuki at 22:38| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。