2017年08月30日

麻生太郎氏、ヒトラー巡る発言撤回 「不適切だった」

麻生太郎氏、ヒトラー巡る発言撤回 「不適切だった」

麻生氏、ヒトラー発言撤回 「不適切だった」
https://this.kiji.is/275441207960879107?c=39546741839462401
2017/8/30 10:44

麻生太郎副総理兼財務相は30日、「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた29日の自身の発言を、不適切だったとして撤回するコメントを発表した。「あしき政治家の例として挙げた。真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ」と釈明した。

 麻生氏は29日に横浜市で開いた麻生派研修会の講演で「(政治家を志した)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人を殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目だ」と述べた。ナチス・ドイツの独裁者を擁護しているとも受け取られかねず、早期に発言を撤回したとみられる。


麻生太郎・ヒトラー発言.PNG



麻生副総理兼財務相は30日、「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた29日の自身の発言を、不適切だったとして撤回するコメントを発表した。
「あしき政治家の例として挙げた。真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ」と釈明した。
ハリー・ポッターで言うと、名前を口にしてはいけないあの人「ヴォルデモート」の名前を口にしたようなものですからね。
麻生さんは「あしき政治家の例として挙げた」と釈明したが、ヒトラーやナチスが好きなのでしょう。
分かり易い人だ。
愛国者ぶっている売国奴よりはマシだ。
安倍政権はナチス流。
麻生さんは失言ではなく本音です。
衆議院選で勝てば、国民投票を実施し、憲法改悪をして、緊急事態条項の創設を憲法に加える。
国家緊急権(緊急事態条項)の創設でもって、ナチスがワイマール憲法を停止したように内閣独裁をやる。
緊急事態条項は、かつて、日本版FEMAと呼ばれていた。
緊急事態条項はナチスの全権委任法のように機能する。




参考

麻生太郎氏が問題発言? ユダヤ人虐殺の「動機は正しい」と擁護か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453085303.html


ラベル:麻生太郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 13:42| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。