2017年08月28日

羽田孜元首相が逝去 非自民連立を主導 享年82歳 蔵相、外相など歴任

羽田孜元首相が逝去 非自民連立を主導 享年82歳 蔵相、外相など歴任

羽田孜元首相が死去
http://www.sankei.com/politics/news/170828/plt1708280019-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170828/plt1708280019-n2.html
2017.8.28 13:32

羽田孜元首相が28日午前、老衰のため東京・世田谷区の自宅で死去した。82歳。関係者が明らかにした。東京都出身。葬儀は9月8日午後1時から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻綏子(やすこ)さん。羽田氏は政界引退後、多発性脳梗塞で闘病していた。

 成城大卒業後、小田急バス勤務を経て昭和44年に衆院旧長野2区で初当選し、当選14回。自民党旧竹下派出身で「七奉行」の一人に数えられ、中曽根、竹下両内閣では農相を務めた。リクルート事件を受け、自民党選挙制度調査会長として政治改革に取り組み、小選挙区導入の旗振り役となった。

 宮沢内閣では蔵相に就いたが、平成5年6月に野党が提出した宮沢内閣の不信任決議案に賛成。小沢一郎氏らと共に自民党を集団離党して新生党を結成し、同年8月に発足した「非自民」勢力7党1会派による細川連立政権では副総理兼外相を務めた。

細川内閣の総辞職を受け、6年4月に第80代首相に就任。少数与党のため政権基盤は安定せず、同年6月の予算成立後、総辞職に追い込まれた。在任期間は64日間。戦後では東久邇宮内閣の54日に次ぐ2番目の短命政権で、現行憲法下の内閣では最も短い。


羽田孜・逝去.PNG



羽田孜元首相が28日午前、老衰のため東京・世田谷区の自宅で死去した。
昭和44年(1969年)に衆院旧長野2区で初当選し、当選14回。
宮沢内閣では蔵相に就いたが、平成5年(1993年)6月に野党が提出した宮沢内閣の不信任決議案に賛成。
小沢一郎氏らと共に自民党を集団離党して新生党を結成し、同年8月に発足した「非自民」勢力7党1会派による細川連立政権では副総理兼外相を務めた。
細川内閣の総辞職を受け、平成6年(1994年)4月に第80代首相に就任。
少数与党の為、政権基盤は安定せず、同年6月の予算成立後、総辞職に追い込まれた。
在任期間は64日間。
短命政権だった。
自民党→新生党→新進党→太陽党→民政党→民主党→民進党
民進党長野県連名誉顧問だったようです。
ご冥福をお祈り致します。



羽田孜元総理が死去 82歳 大蔵、外務大臣など歴任
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000108697.html
(2017/08/28 13:20)

羽田孜
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E7%94%B0%E5%AD%9C

羽田 孜(はた つとむ、1935年(昭和10年)8月24日 - 2017年(平成29年)8月28日)は、日本の政治家。

衆議院議員(14期)、内閣総理大臣(第80代)、農林水産大臣(第9代、第12代)、大蔵大臣(第88代)、外務大臣(第121代)、新生党党首、太陽党党首、民政党代表、民主党幹事長、同党特別代表、同党最高顧問などを歴任。2012年(平成24年)に政界引退し、晩年は民進党長野県連名誉顧問を務めていた。


ラベル:羽田孜
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:52| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。