2017年08月22日

[インド] 強姦被害の10歳児が出産、裁判所が中絶認めず

[インド] 強姦被害の10歳児が出産、裁判所が中絶認めず

強姦被害の10歳児が出産、裁判所が中絶認めず インド
https://www.cnn.co.jp/world/35105971.html
https://www.cnn.co.jp/world/35105971-2.html
2017.08.18 Fri posted at 11:30 JST

ニューデリー(CNN) インド北部チャンディーガルの病院で、強姦の被害に遭った10歳の少女が帝王切開で女児を出産していたことが18日までに分かった。医師によると、母子ともに容体は安定しているという。

少女の家族は人工妊娠中絶を認めるよう求めていたが、インド最高裁は医師の診断や診察結果に基づいて、3週間前にこの訴えを退けていた。

地元紙の報道によると、少女は妊娠35週目だった。

医師によると、少女は自分が妊娠していることを知らなかった。両親は、腎結石のために手術が必要だと娘に言い聞かせ、医師から真実を告げることも拒んでいたという。

インドでは裁判所が認めない限り、妊娠20週目以降の中絶を法律で禁じている。

弁護士によると、家族が娘の妊娠について当局に相談した時には妊娠26〜27週目に入っていた。

少女はおじによる強姦の被害に遭っていた。おじは6〜7カ月にわたって少女を暴行していたとされる。この男に対する裁判は係争中。

両親は周囲の目を恐れ、生まれた子どもを養子に出すことを検討しているという。

インドでは親類や知人による性的暴行やドメスティックバイオレンスの被害が後を絶たない。政府は性的犯罪に対する罰則を強化しようとしているが、強姦事件の報告件数は2011〜16年にかけて50%増加した。


NO RAPE.PNG



インド北部チャンディーガルの病院で、強姦の被害に遭った10歳の少女が帝王切開で女児を出産していたことが18日までに分かった。
少女の家族は人工妊娠中絶を認めるよう求めていたが、インド最高裁は医師の診断や診察結果に基づいて、3週間前にこの訴えを退けていた。
少女は妊娠35週目だった。
インドでは裁判所が認めない限り、妊娠20週目以降の中絶を法律で禁じている。
おじから強姦とは、ショッキングなニュースですね。
周囲の目を恐れ、生まれた子は里子に出されるのでしょうね。
妊娠35週は9ヶ月のことですね。
妊娠後期で臨月に迫っていた。
日本も妊娠5ヶ月に入ったら、中絶は出来なかった筈です。
母体保護法がありますからね。
ラベル:インド
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:47| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。