2017年07月27日

[蓮舫辞任] 産経新聞「仲間が後ろから鉄砲を撃って引きずりおろす党風を感じ取った」 蓮舫「後ろから鉄砲を撃たれてもそれは水鉄砲。時間がたてば乾く」

[蓮舫辞任] 産経新聞「仲間が後ろから鉄砲を撃って引きずりおろす党風を感じ取った」 蓮舫「後ろから鉄砲を撃たれてもそれは水鉄砲。時間がたてば乾く」

【蓮舫代表辞任会見・詳報(6完)】
「小池百合子都知事に学べるところがあれば学びたいが…」「後ろから鉄砲を撃たれてもそれは水鉄砲。時間がたてば乾く」
http://www.sankei.com/politics/news/170727/plt1707270049-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170727/plt1707270049-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/170727/plt1707270049-n3.html
2017.7.27 19:28


(省略)

−−仲間が後ろから鉄砲を撃って(トップを)引きずりおろす党風を、いくつかの場面で感じ取った。民進党がまとまってやっていける党風改革は、本当にできるのか

 蓮舫氏「はい、できます。仮に後ろから鉄砲を撃たれたとしても、それは水鉄砲のレベルだと思います。時間がたてば乾きます。そこからまた一緒に歩いていける仲間同士の信頼関係は持っています。時間をかけてですが、ゆっくり、ゆっくりとここまで関係を構築できています。必ず、必ず、国民の声を代弁できる、信頼される民進党へと次の執行部は持っていけるという確信も持ちながら、今回の判断をしました。ありがとうございました」


蓮舫・代表を辞任.PNG



民進党がまとまってやって行ける党風改革は、本当に出来るのか。
蓮舫「はい、出来ます。」
後からじわっと効いて来る毒矢の間違いではないかな。
口先だけの蓮舫。
民進党が国民の声を代弁出来るものか。




参考

[蓮舫辞任] 東証14時 上げ幅拡大 蓮舫辞任観測で不透明感も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452188590.html
ラベル:蓮舫
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック