2017年07月12日

[緊急拡散] パブリックコメント: 「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬(クレトジム)の残留基準設定) 7月20日締切! 小豆類、そら豆などで残留農薬の規制緩和!

[緊急拡散] パブリックコメント: 「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬(クレトジム)の残留基準設定) 7月20日締切! 小豆類、そら豆などで残留農薬の規制緩和!

「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬(クレトジム)の残留基準設定)に係る御意見の募集について
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170077&Mode=0

案件番号 495170077
定めようとする命令等の題名 「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬(クレトジム)の残留基準設定)
根拠法令項 食品衛生法第11条第1項
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
問合せ先
(所管府省・部局名等) 厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部基準審査課残留農薬等基準審査室
電話:03-3595-2423
案の公示日 2017年06月21日 意見・情報受付開始日 2017年06月21日 意見・情報受付締切日 2017年07月20日

関連情報意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見公募要領   PDF
概要   PDF
命令の案   PDF

関連資料、その他

参考   PDF




PDF形式のファイルは省略しましたので、転載元でご覧下さい。
厚生労働省は、6月21日から「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬(クレトジム)の残留基準設定)に係る意見公募を始めました。
提出期限は、7月20日です。
時間の指定はしていませんが、18時15分には必着を目指して意見を送りましょう。
政府はクレトジムの残留許容量を一部で引き上げる。
緩和する案を定め、食品衛生法第11条第1項を根拠法令項としている。
公布日を平成29年8月頃に予定しており、適用日を公布日に予定している。
クレトジムは農薬・除草剤であり、米国シェブロン社によって創製されたシクロヘキサンジオン系の新規化合物クレトジムを23%含有するセレクト乳剤がある。
アメリカ、オーストラリアを始めとして世界各国にて登録されイネ科雑草防除剤として実用化されて来た。
日本では住友化学工業(株)により導入されて評価が開始され、S-604の試験名で畑作用イネ科雑草防除剤として開発され、1998年(平成10年)4月24日付けで農薬登録された。
日本におけるクレトジムの工業所有権は、(株)トーメンが所有している。
小豆類で、0.2ppmから2ppmへ引き上げる。
そら豆で、0.1ppmから2ppmへ引き上げる。
その他の豆類で、0.5ppmから2ppmへ引き上げる。
かんしょで、0.2ppmから1ppmへ引き上げる。
だいこん類(ラディッシュを含む)の葉 で、 0.9ppmから1ppmへ引き上げる。
キャベツで、0.2ppmから0.3ppmへ引き上げる。
ひまわりの種子で、0.2ppmから0.5ppmへ引き上げる。
ホップは、現行では取り上げられてないにも関わらず、改正案では、0.5ppmとする。
モンサントの除草剤、ラウンドアップ(グリホサート)の大幅な引き上げに比べたら、クレトジムの残留農薬に関しては、改正案を通してしまいそうですが、 小豆類、そら豆、その他の豆類、かんしょ、だいこん類(ラディッシュ含む)の葉、キャベツ、ひまわりの種子、ホップで残留農薬の規制緩和は許し難い。
現行案維持の食物もあり、残留許容量が引き下げられる食物は見当たらない。
残留農薬の許容量を引き上げないと、小豆類、そら豆、その他の豆類、かんしょ、だいこん類(ラディッシュ含む)の葉、キャベツ、ひまわりの種子、ホップは育たないのか。
クレトジムに於いては、残留農薬の許容量を引き下げるのが妥当だと思います。
もし、改正案が通ってしまったら、私たち国民は、安全に栽培されている小豆類、そら豆、その他の豆類、かんしょ、だいこん類(ラディッシュ含む)の葉、キャベツ、ひまわりの種子、ホップの確保が必要となります。
ホップはビールの原料となります。
安心して、ビールも飲めなくなるでしょう。
私達が食べるものの安全性を見直して下さい。
残留農薬の規制緩和をするべきではありません。
この改正案には、残留農薬の許容量の引き下げが見当たらない為、反対致します。
皆さん、あまり時間がないので、趣旨を理解して、厚労省に意見を送って下さい。
前回、ニテンピラムの残留農薬の規制緩和、前々回、モンサントのグリホサート(商品名ラウンドアップ)の記事を書きましたが、「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」は全部で11種類の農薬があるのです。
動物用・家畜用も含まれています。
農薬ごとに規制緩和させる食物が異なります。
時間が限られているので、もし、11種類の農薬についての記事が書けない場合、パブリックコメントのリンクのみ紹介する形を取ると思います。



意見公募のリンクから入って、意見を提出して下さい。↓
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170077&Mode=

意見文例: (2000字以内でお願いします。改行も字数に入ります。)

政府はクレトジムの残留許容量を一部で引き上げる。緩和する案を定め、食品衛生法第11条第1項を根拠法令項としている。公布日を平成29年8月頃に予定しており、適用日を公布日に予定している。クレトジムは農薬・除草剤であり、米国シェブロン社によって創製されたシクロヘキサンジオン系の新規化合物クレトジムを23%含有するセレクト乳剤がある。アメリカ、オーストラリアを始めとして世界各国にて登録されイネ科雑草防除剤として実用化されて来た。日本では住友化学工業(株)により導入されて評価が開始され、S-604の試験名で畑作用イネ科雑草防除剤として開発され、1998年(平成10年)4月24日付けで農薬登録された。日本におけるクレトジムの工業所有権は、(株)トーメンが所有している。小豆類で、0.2ppmから2ppmへ引き上げる。そら豆で、0.1ppmから2ppmへ引き上げる。その他の豆類で、0.5ppmから2ppmへ引き上げる。かんしょで、0.2ppmから1ppmへ引き上げる。だいこん類(ラディッシュを含む)の葉 で、 0.9ppmから1ppmへ引き上げる。キャベツで、0.2ppmから0.3ppmへ引き上げる。ひまわりの種子で、0.2ppmから0.5ppmへ引き上げる。ホップは、現行では取り上げられてないにも関わらず、改正案では、0.5ppmとする。モンサントの除草剤、ラウンドアップ(グリホサート)の大幅な引き上げに比べたら、クレトジムの残留農薬に関しては、改正案を通してしまいそうですが、 小豆類、そら豆、その他の豆類、かんしょ、だいこん類(ラディッシュ含む)の葉、キャベツ、ひまわりの種子、ホップで残留農薬の規制緩和は許し難い。現行案維持の食物もあり、残留許容量が引き下げられる食物は見当たらない。残留農薬の許容量を引き上げないと、小豆類、そら豆、その他の豆類、かんしょ、だいこん類(ラディッシュ含む)の葉、キャベツ、ひまわりの種子、ホップは育たないのか。クレトジムに於いては、残留農薬の許容量を引き下げるのが妥当だと思います。もし、改正案が通ってしまったら、私たち国民は、安全に栽培されている小豆類、そら豆、その他の豆類、かんしょ、だいこん類(ラディッシュ含む)の葉、キャベツ、ひまわりの種子、ホップの確保が必要となります。ホップはビールの原料となります。安心して、ビールも飲めなくなるでしょう。私達が食べるものの安全性を見直して下さい。残留農薬の規制緩和をするべきではありません。この改正案には、残留農薬の許容量の引き下げが見当たらない為、反対致します。



参考

[緊急拡散] パブリックコメント: 「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬(ニテンピラム)の残留基準設定) 7月20日締切! 玉ねぎ、その他のスパイスで残留農薬の規制緩和!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451693927.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬(グリホサート)の残留基準設定) 7月20日締切! グリホサートはモンサントのラウンドアップ(除草剤)!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451133578.html




関連

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えセイヨウナタネ、ダイズ及びトウモロコシの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集 6月23日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451054729.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html


【関連する記事】
posted by hazuki at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック