2017年06月26日

重要品目の国境措置確保を 日欧EPAで自民、岸田外相に申し入れ

重要品目の国境措置確保を 日欧EPAで自民、岸田外相に申し入れ

重要品目の国境措置確保を−日欧EPAで自民申し入れ
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2017/06/170626-33006.php
2017.06.26

自民党の日EU等経済協定対策本部は6月23日の会合で「日EU・EPA交渉に関する政府の申し入れ」を決めた。農林水産物については再生産が引き続き可能となるよう、必要な国境措置をしっかり確保すべきと申し入れた。

申し入れでは、EUは人口5億人でわが国輸出入額の約10%を占めているとして、グローバルな自由貿易体制を維持強化し、大きな潜在性を有するEUへの輸出や投資を促進するEPA交渉の早期妥結は重要であると指摘している。
 ただ、日本とEUとの間の関税はEUから日本に対する輸出は7割が無税だが、日本からEUへの輸出は7割が有税であるとして「本交渉はこの不均衡な状況を一掃する絶好の機会」として、農林水産物でもEU側の関税撤廃を求め、豚肉、鶏肉、鶏卵、乳製品など輸出解禁の実現や、GIの相互保護、輸出に関する規制・基準等の「輸出環境課題の解決に向け全力を尽くすべきである」と申し入れた。
 一方、交渉にあたっては農林水産物についてEU側も関税撤廃など輸出拡大を求めてくることから「国益が損なわれることのないよう、特に、豚肉・牛肉、乳製品、麦、甘味資源作物、構造用集成材等の木材製品、海藻類等をはじめとする重要品目の再生産が引き続き可能となるよう、必要な国境措置をしっかり確保すべきである」ことを強調した。


関税維持申し入れ・日欧EPA.PNG
EPA, FTA, TPP,.PNG



自民党の日EU等経済協定対策本部は6月23日の会合で「日EU・EPA交渉に関する政府の申し入れ」を決めた。
農林水産物については再生産が引き続き可能となるよう、必要な国境措置をしっかり確保すべきと申し入れた。
日欧EPAを巡り、自民党の対策本部は、農林水産物の関税維持などを求める申し入れ書を、岸田外相に手渡した。
EPA交渉の早期妥結が極めて重要とした上で、農林水産物については、豚肉や牛肉、乳製品、木材製品、海藻類など、重要品目の生産者を守る為、必要な関税を維持することなど、12項目を申し入れた。
自民日EU等経済協定対策本部の本部長は、TPP暴露本黒塗りの西川公也。
EPAは、Economic Partnership Agreementの略です。
始まりは、WTO(世界貿易機関)。
TPP合意が大きなきっかけとなり、EPAやRCEPの交渉を加速して行くと経済産業省。
日欧EPAに合意するならば、国益を守らなければならない。



日欧EPA 自民、関税維持申し入れ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00362487.html
06/26 20:59


日欧EPAで外相に要望 自民対策本部
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE26H0G_W7A620C1PP8000/
2017/6/26 18:40




参考

日欧EPA、日本側が関税9割超を撤廃の方向 EU側も極めて高い割合で撤廃する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451200231.html


ラベル:日欧EPA
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | EPA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック