2017年06月08日

性犯罪に厳罰、親告罪を削除 刑法改正案が衆議院通過

性犯罪に厳罰、親告罪を削除 刑法改正案が衆議院通過

性犯罪に厳罰、親告罪を削除 刑法改正案が衆院通過
http://www.sankei.com/politics/news/170608/plt1706080061-n1.html
2017.6.8 21:36

性犯罪を厳罰化する刑法改正案は8日の衆院本会議で全会一致により可決、衆院を通過した。起訴するのに被害者の告訴が必要になる「親告罪」規定の削除などが柱。政府、与党は今国会での成立を目指している。刑法の性犯罪に関する規定は、明治40年に制定されてから大幅な見直しが行われていなかった。

 現行刑法は強姦罪の被害者を女性に限定。改正案は男性も含めた上で性交の類似行為も対象にし、名称は「強制性交等罪」とする。法定刑の下限は懲役3年から5年に引き上げる。「強制性交等致死傷罪」の法定刑の下限も懲役5年から6年に変更する。

 親告罪の規定をなくすのは、強姦罪のほか、準強姦罪、強制わいせつ罪など。改正法の施行前に起きた事件にも原則適用する。

 家庭内での性的虐待を念頭に、親などの「監護者」が立場を利用して18歳未満の者に性的な行為をすれば、暴行や脅迫がなくても罰することができる「監護者わいせつ罪」と「監護者性交等罪」を新設した。

 与野党が修正案を提出、付則に施行3年後の見直し規定が、付帯決議に被害者の二次被害の防止に努めることなどが盛り込まれた。


刑法改正案が衆議院通過.PNG



性犯罪を厳罰化する刑法改正案は8日の衆議院院本会議で全会一致により可決、衆院を通過した。
起訴するのに被害者の告訴が必要になる「親告罪」規定の削除などが柱。
改正案は男性も含めた上で性交の類似行為も対象にし、名称は「強制性交等罪」とする。
共謀罪の可決・成立はする必要ないので、刑法改正案を参議院で可決・成立してくれ。




参考

強姦罪は「強制性交等罪」 性犯罪厳罰化、閣議決定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447491359.html

「強姦罪」を「強制性交等罪」に厳罰化へ 非親告罪に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447259260.html
ラベル:刑法改正案
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック