2017年05月13日

[トランプ政権] ジェームズ・コミー前FBI長官、上院議会聴聞会への出席断る

[トランプ政権] ジェームズ・コミー前FBI長官、上院議会聴聞会への出席断る

前FBI長官、議会聴聞会への出席断る=米
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051300248&g=int

【ワシントン時事】トランプ米大統領に解任されたコミー前連邦捜査局(FBI)長官は上院情報特別委員会に対し、解任の経緯を議題とする16日の聴聞会には出席できないと伝えた。ウォーナー副委員長が12日、CNNテレビの番組などで明らかにした。
 コミー氏は解任直後、FBI職員に宛てた書簡に「大統領は全く理由がなくてもFBI長官を解任できる。決定(の是非を論ずるの)に時間を費やすつもりはない」と記しただけで、以後、肉声は伝わっていない。 
 ただ、ホワイトハウスは解任後もコミー氏への批判を続けており、ABCテレビは12日、コミー氏は礼を欠く姿勢に憤慨していると伝えた。(2017/05/13-07:42)


ジェームス・コミー.PNG



トランプ大統領に解任されたコミー前連邦捜査局(FBI)長官は上院情報特別委員会に対し、解任の経緯を議題とする16日の聴聞会には出席出来ないと伝えた。
コミー氏は解任直後、FBI職員に宛てた書簡に「大統領は全く理由がなくてもFBI長官を解任できる。決定(の是非を論ずるの)に時間を費やすつもりはない」と記しただけで、以後、肉声は伝わっていない。
「FBIコミー長官の更迭、説明文書を作成した司法省副長官もトランプ氏から退任を強要された?」とハフィントンポストで報道されています。
「アメリカのドナルド・トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミーFBI長官を更迭した時、説明文書の作成を命じられたロッド・ローゼンスタイン司法省副長官が、トランプ政権によってこの更迭の黒幕に仕立て上げられ、辞任を強要されたとワシントン・ポストが報じた。」とのことです。



FBIコミー長官の更迭、説明文書を作成した司法省副長官もトランプ氏から退任を強要された?
http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/11/comey_n_16572828.html
HuffPost | 執筆者: Nick Visser
投稿日: 2017年05月12日 12時17分 JST




参考

トランプ大統領、ジェームズ・コミーFBI長官を電撃解任 対ロ疑惑を捜査中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449843464.html
ラベル:米国
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック