2017年04月18日

介護保険関連法改正案が衆議院通過 3割負担、今国会で成立へ

介護保険関連法改正案が衆議院通過 3割負担、今国会で成立へ

介護保険関連法改正案が衆院通過 3割負担、今国会で成立へ
https://this.kiji.is/226933076812629495?c=39546741839462401
2017/4/18 14:10

所得の高い高齢者が介護サービスを利用する際の自己負担割合を3割に引き上げる介護保険関連法改正案は18日の衆院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決された。参院での審議を経て、5月中に成立する見通し。

 現役世代が支払う保険料の計算方法も変える。介護費用が増大する中、高齢者、現役ともに支払い能力のある人には負担してもらうのが狙い。

 自己負担は原則1割だが、2015年8月から一定以上の所得がある人は2割とした。3割負担は来年8月から導入。基準は、単身者で年収340万円以上、夫婦世帯では463万円以上を想定。利用者の3%に当たる約12万人が対象になる。




所得の高い高齢者が介護サービスを利用する際の自己負担割合を3割に引き上げる介護保険関連法改正案は18日の衆議院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決された。
高所得者の定義は、年金を多く貰っている人も含まれる。
所得があり裕福な生活をしている高齢者に限らない。
介護サービス利用の自己負担を3割に引き上げるとは鬼です。
3割負担は来年8月から導入。
利用者の3%に当たる約12万人が対象になる。
参議院に送られれば、可決・成立は早いでしょう。




参考

介護保険関連法改正案、衆議院厚生労働委員会で可決 与党が強行採決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963961.html

介護保険改正法案を閣議決定 高所得者に3割負担導入へ 単身の場合で年収340万円以上、夫婦世帯では463万円以上の人を想定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446791955.html

与党が介護関連法案を了承 来年8月から3割負担導入 利用者全体の3%に当たる約12万人が該当
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446370965.html

介護利用3割負担を提案 2018年夏から、年収383万円以上の高齢者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444349564.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック