2017年04月09日

シリア北西部で空爆、子供5人を含む18人死亡 シリア政府支援のロシア機か

シリア北西部で空爆、子供5人を含む18人死亡 シリア政府支援のロシア機か

シリア北西部で空爆、子供5人を含む18人死亡 ロシア機か
http://news.livedoor.com/article/detail/12910845/
2017年4月9日 7時36分 AFPBB News

【AFP=時事】在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、シリア北西部のイドリブ(Idlib)県で8日空爆があり、子供5人を含む民間人18人が死亡したと述べた。

 同監視団によると、空爆はシリア政府を支援しているロシアの複数の航空機が実施したとみられるという。

イドリブ県は以前国際テロ組織「アルカイダ(Al-Qaeda)」傘下にあった「シリア征服戦線(Jabhat Fateh al-Sham)」を含む反体制派組織の支配下にあり、シリア政府とロシアによる定期的な空爆が行われている。

 同県の町ハンシャイフン(Khan Sheikhun)では今月4日、化学兵器を使用したとみられる攻撃があり、子供31人を含む民間人少なくとも87 人が死亡していた。

 国際社会の大半は化学兵器使用がシリアのアサド政権の責任であると非難しているが、同国政府は関連を否定している。ハンシャイフンの化学兵器攻撃を受け、米国政府は初めてアサド政権に対する攻撃を実施する決断を下し、シリア中部ホムス(Homs)県のシャイラト(Shayrat)空軍基地を7日未明にミサイルで攻撃した。
【翻訳編集】AFPBB News


シリア北西部で空爆.PNG



在英のNGO「シリア人権監視団」は、シリア北西部のイドリブ県で8日空爆があり、子供5人を含む民間人18人が死亡したと述べた。
同監視団によると、空爆はシリア政府を支援しているロシアの複数の航空機が実施したとみられるという。
「シリアでの化学兵器による空爆について米軍高官は7日、アサド政権を支えるロシアの関与がなかったか「慎重に調べている」と記者団に明らかにした。ティラーソン国務長官は、ロシアとの「共犯関係」を疑っており、12日の米ロ外相会談に影を落としそう。」とのことでしたが、シリアの空爆にロシアの航空機か。
私はロシアの共犯関係はないと思っていましたが、AFP通信が報道しています。
12日の米ロ外相会談はどうなることやら。




参考

米軍、ロシア関与調査 シリアの化学兵器使用、報復警戒
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448849899.html

米国、シリアにミサイル攻撃 地中海からトマホーク59発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448806488.html

シリア「化学兵器」攻撃、被害者は「神経ガス」にさらされた兆候 WHO
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448758335.html
ラベル:シリア
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック