2017年04月05日

シリア「化学兵器」攻撃、被害者は「神経ガス」にさらされた兆候 WHO

シリア「化学兵器」攻撃、被害者は「神経ガス」にさらされた兆候 WHO
http://www.afpbb.com/articles/-/3124065
2017年04月05日 21:4 発信地:ジュネーブ/スイス

【4月5日 AFP】世界保健機関(WHO)は5日、シリア北西部イドリブ(Idlib)県ハンシャイフン(Khan Sheikhun)で起きた化学兵器によるとみられる攻撃について、被害者数人に神経ガスを含む化学物質類にさらされるのと同様の症状がみられるとの見方を示した。

 WHOは少なくとも民間人72人が死亡した4日の攻撃について、化学兵器が関係していたとみられると指摘し、「主な死因となった急性呼吸窮迫など、(ある種の化学物質にされされた場合と)同じような症状が急に発生している一方、外傷はみられないようだと報告されている」と述べた。

 また「複数の症例ではさらに、神経ガスといった化学物質類である、有機リン化合物類にさらされた時と似たような症状がみられたようだ」との見解を明らかにした。(c)AFP


シリア神経ガス.PNG



世界保健機関(WHO)は5日、シリア北西部イドリブ県ハンシャイフンで起きた化学兵器によるとみられる攻撃について、被害者数人に神経ガスを含む化学物質類に晒されるのと同様の症状がみられるとの見方を示した。
WHOは少なくとも民間人72人が死亡した4日の攻撃について、化学兵器が関係していたとみられると指摘。
アサド政権がサリンを使用したのではないかと言われていますね。



反体制派「政権側がサリン使用」…死者72人に
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170405-OYT1T50079.html?from=ytop_main1
2017年04月05日 19時51分


ラベル:シリア
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック