2017年03月12日

沖縄県宮古島市議のfacebookが炎上 「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件が起きる」

沖縄県宮古島市議のfacebookが炎上 「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件が起きる」

宮古島市議のフェイスブックが炎上 「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件が起きる」
http://www.sankei.com/politics/news/170312/plt1703120010-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170312/plt1703120010-n2.html
2017.3.12 10:24

沖縄県の宮古島市議が自身のフェイスブックに「自衛隊員が来ると島で婦女暴行事件が起きる」などと投稿し、炎上。「自衛隊全体を批判しているわけではない」と再度投稿し、謝罪したものの「戦争のための軍隊という仕組みに対して(批判した)」との部分に再び批判が殺到、市議は2つの投稿を削除した。

 この市議は石嶺香織市議(36)。9日に1度目の投稿がされた。内容は「海兵隊からこのような訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している」というもの。

 石嶺市議は「宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない。米軍の海兵隊から訓練を受けた自衛隊なのだ」として、陸上自衛隊がカリフォルニアでの演習に参加した際の写真を添付。

 さらに「私の娘を危険な目にあわせたくない。宮古島に暮らす女性たち、女の子たちも」と結んだ。

 これに対し、「思想信条は自由だが、自衛官を強姦魔扱いは許されない」などと批判が殺到、辞任を求める声まで上がった。

石嶺市議は10日までに「3月9日夕方の投稿について」と題し、再度、釈明する文を掲載した。

 「自衛隊全体を批判しているわけでも、個人を批判しているわけでもありません。私が批判しているのは、自衛隊員個々の人格に対してではなく、戦争のための軍隊という仕組みに対してです」「現在の自衛隊という組織が米軍と一体化して、専守防衛の枠を外れつつあることに強い危機感を持っています。海兵隊は人を殺すことに対して感情を殺すように訓練されています」などとして、「海兵隊に訓練を受けた陸上自衛隊が今後、米海兵隊と同質のものになる可能性があります」などと投稿した。

 この投稿に再び批判が殺到し、石嶺市議は2つの投稿を削除した。

 石嶺市議のブログなどによると、昭和55年、福岡県生まれ。大阪外語大を中退し、大阪の障害者施設に4年間勤務。

 平成20年、宮古上布を学ぶため宮古島に移住。陸上自衛隊配備反対と、地下水を守ることを公約に、今年1月の市議補選で初当選したばかり。(WEB編集チーム)


石嶺香織FB.PNG



宮古島市の石嶺香織市議(36)がfacebookに「自衛隊員が来ると島で婦女暴行事件が起きる」などと投稿し、炎上。
思想信条は自由だが、自衛官を強姦魔扱いは如何なものか。
昭和55年、福岡県生まれ。
平成20年、宮古上布を学ぶ為、宮古島に移住。
陸上自衛隊配備反対が公約。
私は、昭和43年に沖縄本島で生まれ、11歳まで沖縄本島で育ったのですが、宮古島には親戚もいます。
本土から沖縄県に移住する左翼に汚染されていますね。
宮古島は中国が狙っているというのに、何故、陸上自衛隊配備に反対するのか。


ラベル:沖縄県 宮古島市
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック