2017年03月05日

[中国全人代] 「“香港独立”に前途はない」と初の言及、長官選控え圧力 「台湾独立は絶対許さぬ」と表現エスカレート

[中国全人代] 「“香港独立”に前途はない」と初の言及、長官選控え圧力 「台湾独立は絶対許さぬ」と表現エスカレート

【中国全人代】
「“香港独立”に前途はない」と初の言及、長官選控え圧力 「台湾独立は絶対許さぬ」と表現エスカレート
http://www.sankei.com/world/news/170305/wor1703050034-n1.html?&pushcrew_powered
2017.3.5 18:53

中国の李克強首相は5日開幕した全国人民代表大会(全人代=国会)の政府活動報告で、「“香港独立”に前途などない」と強い口調で述べ、20代の若者を中心に中国からの分離を訴える「独立派」に対する警戒感をあらわにした。

 政府活動報告で「香港独立」に言及があったのは初めて。26日投票の香港行政長官選をにらみ、2014年の大規模な選挙民主化要求デモの後に急拡大した香港の「反中勢力」への圧力を強めた形だ。香港は7月、返還20周年を迎える。

 さらに李氏は、「“台湾独立”の分裂活動に断固反対し、絶対に許さない」と表明。昨年の報告で使った「断固反対する」との言い回しより表現をエスカレートさせた。台湾で昨年5月に発足した独立志向もみせる民主進歩党政権や、「一つの中国」政策に一時、異を唱えたトランプ米大統領を牽制(けんせい)した格好だ。(北京 河崎真澄)


李克強首相.PNG



香港独立に言及しただけでなく、台湾独立を認めないと独立志向の民進党・蔡英文政権をけん制する形ですね。
中国共産党のヤクザのような脅しですね。
香港が独立するならば、水の供給を停止するかも知れませんね。
台湾は独立すべきです。


ラベル:中国
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック