2017年03月04日

在日コリアン排除デモ禁止、違反なら制裁金1日60万円 大阪地裁決定

在日コリアン排除デモ禁止、違反なら制裁金1日60万円 大阪地裁決定

在日コリアン排除デモ禁止、違反なら制裁金1日60万円 大阪地裁決定
http://www.sankei.com/west/news/170304/wst1703040036-n1.html
2017.3.4 10:29

在日コリアン排除を訴えるデモを予告した大阪府内の男性に対し、大阪地裁が出したデモ禁止の仮処分決定をめぐり、男性がこの決定に従っていないとして、NPO法人「コリアNGOセンター」(大阪市生野区)がデモ実施につき1日100万円の制裁金支払い(間接強制)を申し立て、地裁が実施した場合に1日60万円をNPO側に支払うよう命じる決定をしたことが分かった。2日付。

 同地裁は昨年12月20日、男性に対して、在日コリアンの多いJR鶴橋駅を含む同NPOの事務所から半径600メートル以内でのヘイトスピーチ(憎悪表現)のデモ禁止を命じていた。同NPOによると、男性は12月末や今年1月に禁止区域周辺に現れ、威圧的な内容のチラシを投函(とうかん)するなどしたため、間接強制を申し立てた。




何故、韓国籍や朝鮮籍の人間が日本に永住出来るのか。
帰化するか帰国するかの選択を訴えるデモをするのは当然です。
また、デモは、在日特権・通名などを知らない日本人に知らしめる為に行っています。
それをヘイトスピーチという大阪地裁は可笑しいです。
ラベル:大阪地裁
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック