2017年03月01日

[朝日慰安婦報道訴訟] 慰安婦報道めぐる朝日新聞追及訴訟、2審も原告側敗訴 東京高裁

[朝日慰安婦報道訴訟] 慰安婦報道めぐる朝日新聞追及訴訟、2審も原告側敗訴 東京高裁

【朝日慰安婦報道訴訟】
慰安婦報道めぐる朝日新聞追及訴訟、2審も原告側敗訴 東京高裁
http://www.sankei.com/affairs/news/170301/afr1703010019-n1.html
2017.3.1 16:43

朝日新聞の元購読者らが、朝日新聞社が平成26年に記事を取り消したいわゆる「吉田証言」に基づく慰安婦報道について、「真実性への疑いが指摘されていたのに、検証しないまま報道を続け、読者や国民の知る権利を侵害した」として、同社に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が1日、東京高裁であった。野山宏裁判長は原告側の請求を棄却した1審東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。

 野山裁判長は「1つの報道機関が真実に反する報道を繰り返したとしても、国民は別の報道機関の報道に触れられるため、知る権利が根底から脅かされることはない」「吉田証言の真実性を検証しないまま報道を続けた行為が、読者や国民に対する違法行為とはいえない」などとした。

 同社は「主張が全面的に認められたと受け止めている」とコメントした。


朝日新聞を読むと馬鹿になる.PNG



「1つの報道機関が真実に反する報道を繰り返したとしても、国民は別の報道機関の報道に触れられるため、知る権利が根底から脅かされることはない」という判決は、朝日新聞が今後も嘘・捏造の報道をしても構わないと受け取れる。
不当判決です。
新聞を何社も購読している一般家庭は限られている。
国民は他の報道機関から真実を学べという判決だと、野山宏裁判長も朝日新聞と同類ですね。




参考

[朝日慰安婦報道訴訟] 原告側(渡部昇一・上智大名誉教授ら)が敗訴 東京地裁「個人の名誉毀損認められない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/440520893.html

[朝日慰安婦報道訴訟] 「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431307829.html

[朝日慰安婦報道訴訟] 「日本人が恥をかいている」原告側が実害¢iえ いじめられ帰国した子供も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427836120.html

[朝日慰安婦報道訴訟] 初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427835603.html


ラベル:東京高裁
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック