2017年01月30日

介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る

介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る

介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00050085-yom-soci
読売新聞 1/30(月) 7:12配信

介護職場で中核的な役割を担う「介護福祉士」を養成する全国の大学や専門学校などで2016年度、定員に対する入学者の割合が約46%だったことがわかった。

 定員割れは、データのある06年度以降11年連続で、50%を割り込んだのは2度目。定員枠自体が減少傾向にあるなかでの入学者割合の低下には、重労働の割に賃金が低い処遇が影響しているとみられる。

 調査は公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」(東京)が毎年度、厚生労働相が指定する全ての介護福祉士養成施設に実施している。16年度の定員枠が約1万6700人(377校)だったのに対し、入学者数は06年度以降最低の約7700人だった。

 定員数や入学者数は減少傾向が続いている。06年度は定員が約2万6800人(409校)、入学者数が約1万9200人だった。これと比べ、16年度は定員で約1万100人、入学者で約1万1500人少ない。




定員割れは、データのある2006度以降11年連続で、50%を割り込んだのは2度目。
定員枠自体が減少傾向にある中での入学者割合の低下には、重労働の割に賃金が低い処遇が影響しているとみられる。
介護福祉士になろうという若者が少ないのですね。
定員割れは問題ですね。
「介護、外国人実習生300人超 学研、ツクイなど主要5社受け入れ計画 人手不足の緩和期待」と拙ブログで記事を書いた通り、介護の現場では人手不足の為、外国人に介護を頼る有り様です。
介護職の育成が難しいと、すぐに外国人の労働力に頼る。
賃金が低い処遇を改善しなければ、介護福祉士になろうという若者が育たないでしょうね。



【三橋貴明】医療介護の人手不足は政府支出を増やして解決しろ!「介護福祉士」




関連

介護、外国人実習生300人超 学研、ツクイなど主要5社受け入れ計画 人手不足の緩和期待
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445865524.html
ラベル:厚生労働省
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック