2017年01月18日

「在沖縄米軍の(一部)台湾移転を」「東アジアの軍事力を強化できる」 ジョン・ボルトン元米国連大使が提言

「在沖縄米軍の(一部)台湾移転を」「東アジアの軍事力を強化できる」 ジョン・ボルトン元米国連大使が提言

「在沖縄米軍の台湾移転を」 ジョン・ボルトン元米国連大使が提言
http://www.sankei.com/world/news/170118/wor1701180019-n1.html
2017.1.18 09:53

ジョン・ボルトン元米国連大使は17日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿し「米軍の台湾駐留によって東アジアの軍事力を強化できる」と述べ、在沖縄米軍の台湾への一部移転を提案した。ボルトン氏は強硬派として知られ、トランプ次期政権での国務副長官起用が取りざたされている。

 ボルトン氏は「台湾は地政学的に東アジアの国に近く、沖縄やグアムよりも南シナ海に近い」と指摘。海洋進出を強める中国への牽制に加え、沖縄米軍の一部を台湾に移すことで「日米摩擦を起こしている基地問題を巡る緊張を和らげる可能性がある」と述べた。

 「海洋の自由を守り、一方的な領土併合を防ぐことは米国の核心的利益だ」と強調。台湾との軍事協力の深化は「重要なステップだ」とした。トランプ次期大統領は、中国と台湾は不可分とする「一つの中国」原則を見直す可能性を示唆しており、中国が反発している。(共同)


ジョン・ボルトン元国連大使.PNG



ジョン・ボルトン元米国連大使が17日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿。
ボルトン氏は強硬派として知られ、トランプ次期政権での国務副長官起用が取り沙汰されている。
「台湾は地政学的に東アジアの国に近く、沖縄やグアムよりも南シナ海に近い」
一部移転ならば、良い案だと思います。


ラベル:米国
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック