2017年01月09日

トランプまた放言 国境の壁建設費「メキシコに後で請求」

トランプまた放言 国境の壁建設費「メキシコに後で請求」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197171
2017年1月7日

またツイッターで大放言だ。米国のトランプ次期大統領が6日、メキシコ国境の「壁」建設の費用について、まずは米国が負担し、後からメキシコに請求するとの考えを明らかにした。

 選挙中から建設費をメキシコに負担させると公約していたトランプに対し、複数の米メディアは、費用が米国の予算に盛り込まれる可能性があると報じてきた。

 これにトランプは「うそつきメディア」とブチ切れ。「不誠実なメディアは、グレートウオールを築くための費用は後でメキシコが支払うということを伝えていない」とツイッターに投稿した。しかし、根拠については一切、説明しなかった。

 中国批判やトヨタ批判と、ツイッターで放言続出のトランプ。バイデン副大統領も5日、米メディアのインタビューで「大人になれ、ドナルド」とたしなめ、「君は大統領だ。どんな考えがあるのか示してほしい」と苦言を呈していた。

 米国内でも批判の声が強まってきた。


トランプ・大放言.PNG



トランプ次期大統領が6日、ツイッターで、メキシコ国境の「壁」建設の費用について、先ずは米国が負担し、後からメキシコに請求するとの考えを明らかにした。
中国批判やトヨタ批判と、ツイッターで放言続出のトランプ。
「複数の米メディアは、費用が米国の予算に盛り込まれる可能性があると報じて来た。」と米マスコミの通りになってしまったトランプ。
最近のトランプは、ツイッターでの放言続出ですね。
大統領に就任すると、トランプの周囲の人々の声を聞かざるを得なくなるよ。




参考

トヨタ批判に激震走る トランプ氏への懸念現実 身構える日本企業
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445643733.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック