2017年01月04日

[TPP] テキサスで骨折して入院手術で2000万円ってマジだからね!もし外国で盲腸になって入院になったらいくら掛かるか?の一覧表貼っておくわw 費用は円なw ←御冗談でしょう?国民皆保険制度の終了で「貧乏人は死んで下さい」

[TPP] テキサスで骨折して入院手術で2000万円ってマジだからね!もし外国で盲腸になって入院になったらいくら掛かるか?の一覧表貼っておくわw 費用は円なw ←御冗談でしょう?国民皆保険制度の終了で「貧乏人は死んで下さい」
https://twitter.com/DepravedBunny/status/816099913507274752



「テキサスで骨折して入院手術で2000万ってツイ回ってくるけどマジだからね?もしも外国で盲腸になって入院になったらいくらかかるか?の一覧表貼っておくわw 費用は円なw」
2日ぶりにツイッターを開いたら、愕然としました。
昨日は、酔い覚ましに年賀状を書いていたら、深夜の2時になりまして、自殺した電通社員のようになったらダメだということで、ツイッターもブログも更新しませんでしたが、何だこりゃ。
「おい、もっと酒を持って来い。私は統合失調症なのに、身体障害者の介護をしている。酒を飲まずに、やってられるかつーの。ヤバイ、幻聴も幻覚も妄想もないのだが、薬を飲むのを忘れたら、躁転しそうだわ。風呂に入って、寝たのは3時半近く、起きたのは5時半過ぎです。つーか、私、通院だけでなく、入院して、国民皆保険制度が「あぼーん」したら、カネないよ。死ぬしかないのか。」
という妄想チックなお話なのですが、トランプが大統領になって、米国がTPPから脱退しても、TPPが続くとすれば、TPPでもって、ISD条項発動で、日本の医療制度が訴えられて、現状が維持出来なくなり、ついでに、トランプが主張している日米FTAでもって、ISD条項が発動して、日本が訴えられたりしたら、八方塞がりじゃん。
やっばり、酒を飲んで、少々、酔いが醒めたとは言え、私は頭がおかしいわ。
はいはい、一覧表を貼るのを忘れていました。
下記の画像が一覧表です。
びっくり仰天です。


外国で盲腸になって入院になったらいくら.PNG






☆投資家保護条項(ISD条項:Investor-State Dispute Settlement)

日本に投資したアメリカ企業が日本の政策変更により損害を被った場合に、世界銀行傘下の国際投資紛争仲裁センターに提訴できるというものである
国際投資紛争仲裁センターはアメリカがコントロールしているので提訴の結果はアメリカ側に有利になるのは自明の理なのだ
この条項は日本にだけ適用されるようになっているので見事な不平等条項である



●ISD条項
アメリカ企業が日本の規制により損害を被った場合に、世界銀行傘下の国際投資紛争仲裁センターに提訴できるというものです。しかし、国際投資紛争仲裁センターはアメリカの影響下にあるので提訴の結果はアメリカ側に有利になるといわれています。




ラチェット条項、NVC条項、スナップバック条項、未来の最恵国待遇、ネガティブリスト方式、規制必要性の立証責任と開放の追加措置もありますのよ。
それでも、TPPの発効を望むのか。




参考

驚愕の不平等条約TPPの毒素条項を解明する!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434720879.html
ラベル:TPP
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック