2016年12月20日

[流行語大賞] 民進党・山尾しおり議員、『保育園落ちた日本死ね』について「国民の声が社会を動かそうとしているのだと思う」

[流行語大賞] 民進党・山尾しおり議員、『保育園落ちた日本死ね』について「国民の声が社会を動かそうとしているのだと思う」

民進党・山尾志桜里氏 法案採決で退席に持論 県連議員フォーラムで講演
http://www.isenp.co.jp/news/20161218/news03.htm
2016年12月18日(日)

民進党県連の地方自治体議員フォーラム総会が十七日、津市桜橋二丁目の県教育文化会館であり、党所属議員ら約四十人が出席。愛知7区の衆院議員、山尾志桜里氏が講演し、党の国会議員が法案採決で退席することに「逃げているように見えてしまう」と述べた。

 山尾氏は講演で、TPP(環太平洋連携協定)、カジノを含む統合型リゾートの解禁、年金制度改革の三法案が国会で成立した過程を「信じられないような短時間の審議で、矢継ぎ早に強行採決された」と批判。「この問題を外に向かって訴えるべき」と訴えた。

 その上で、党の国会議員らが法案の採決で退席したことを「採決そのものにも応じられないという意思表示で筋は通っている」としつつ「逃げているように見えてしまう。反対なら反対の意思表示をした方が国民に分かりやすいのではという声もある」と述べた。

 このほか、山尾氏は国会で取り上げたインターネットの匿名ブログに書かれた「保育園落ちた日本死ね」がユーキャンの流行語大賞トップ10に入ったことについて「私が受賞したというよりも、国民の声が社会を動かそうとしているのだと思う」と語った。


山尾志桜里・日本死ね.PNG



流行語大賞に出て来たガソリーヌ山尾は、「保育園落ちた日本死ね」が国民の声と思っているのか。
私の周りでは、「日本死ね」と言う人などいない。
国民の声は、山尾のガソリン代の領収書が、どうなっているかと言うことです。
しかし、「日本死ね」のブログ主の顔が見てみたいものですね。
日本人じゃなく、朝鮮人かも知れないですね。




参考

「日本死ね」で流行語大賞を受賞した民進・山尾志桜里氏 どうせ表彰するなら「ガソリーヌ疑惑」で末永く顕彰を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444968500.html
ラベル:山尾志桜里
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック