2016年12月15日

二重国籍問題 民進・蓮舫代表「事実ではないことが流れるのは寂しい」

二重国籍問題 民進・蓮舫代表「事実ではないことが流れるのは寂しい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000015-wordleaf-pol
THE PAGE 12/15(木) 16:14配信

民進党の蓮舫代表は15日の定例会見で、自身の二重国籍問題に関連し、ネット上などで台湾総統選で蓮舫氏が過去に投票していたと言われていることについて、「台湾で投票したことはない。事実ではないことがさも事実のように流れるのは寂しい」と否定した。

蓮舫氏は、総統選への投票には台湾人として6か月連続で居住することなどの条件があると説明し、「私は投票することができない」と疑惑を否定。ジャーナリストとしての総統選取材や議員としての視察はあるため、そのときのリポートが誤解を生んでいるのかもしれないと推察した。

 SNSなどのネットについては「可能性のあるメディア」だとした上で、「事実ではないものが流れるのは残念」だと述べた。


蓮舫・定例会見.PNG



ネット上などで台湾総統選で蓮舫が過去に投票していたと言われていることについて、「台湾で投票したことはない。事実ではないことがさも事実のように流れるのは寂しい」と否定した。
蓮舫が言わんとすることが分からないでもないですが、戸籍謄本の公開を否定しているから、台湾総裁選で投票していたのではないかと疑われるのです。
ラベル:蓮舫
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック