2016年12月11日

ワシントンで慰安婦像公開、設置場所決まらず

ワシントンで慰安婦像公開、設置場所決まらず
http://www.sankei.com/world/news/161208/wor1612080030-n1.html
2016.12.8 13:10

聯合ニュースは8日、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像が米東部時間の10日、首都ワシントン中心部の緑地帯、ナショナルモールで公開され、記念式典が開かれると伝えた。ただ設置場所はまだ決まっておらず、公開後は別の場所で保管されるという。

 ソウルの日本大使館前の少女像と同じ大きさで、韓国で制作された。少女像設置を進める団体は、ホワイトハウスに近い教会や大学などを当たったが、設置を政治的な問題ととらえる向きがあり、場所探しは難航しているという。

 朴元淳ソウル市長も、ワシントン市長に書簡を送り、設置場所選定への積極的な支援を求めた。(共同)


慰安婦少女像.PNG



少女像設置を進める団体は、ホワイトハウスに近い教会や大学などを当たったが、設置を政治的な問題ととらえる向きがあり、場所探しは難航しているという。
ワシントンに慰安婦少女像を設置するな。
グレンデール市のように在米邦人の子ども達が苛めに遭う。
慰安婦は高給取りの売春婦です。
給与明細も存在します。



慰安婦大募集
慰安婦募集.PNG

慰安婦給与明細
慰安婦給与明細.PNG
ラベル:慰安婦問題
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック