2016年12月08日

TPP承認案9日採決へ 参院特別委で

TPP承認案9日採決へ 参院特別委で
http://this.kiji.is/179540548136207864?c=39546741839462401
2016/12/8 19:54

参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会は8日の理事懇談会で、TPP承認案と関連法案について9日に特別委で採決を行うことを決めた。野党民進党や共産党は承認に反対の姿勢を崩していないが、与党などの賛成で可決される見通し。参院本会議でも9日中に採決が行われ、可決・成立する公算が大きい。

 承認案と関連法案がともに可決されれば、日本のTPP議会承認手続きは完了となる。しかし、トランプ次期米大統領のTPP脱退表明で協定そのものの発効は厳しくなっている。TPPが発効しなければ関連法案も大半が施行されずに終わることになる。




参院TPP特別委員会は8日の理事懇談会で、TPP承認案と関連法案について9日に特別委で採決を行うことを決めた。
参院本会議でも9日中に採決が行われ、可決・成立する公算が大きい。
TPPが発効しなければ関連法案も大半が施行されずに終わることになる。
「TPPは「6カ国以上、GDP85%超」の国々が2年以内に批准しない限り、発効しないそうです。米国を除く国々によるTPPというのは成立しない。(三橋貴明)」ということですか。
#StopTPP
#NoTPP






ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



テレビ用質疑 徳永エリ(民進党)【参議院 国会中継】〜平成28年12月8日 TPP特別委員会〜


紙智子(共産党)【参議院 国会中継】〜平成28年12月8日 TPP特別委員会〜
ラベル:TPP
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック