2016年11月27日

[小池百合子都政] 2020東京ブランド検討の初会合 コシノヒロコさん「着るとピエロみたい」  ボランティア制服見直しを議論

[小池百合子都政] 2020東京ブランド検討の初会合 コシノヒロコさん「着るとピエロみたい」  ボランティア制服見直しを議論

【小池百合子都政】
2020東京ブランド検討の初会合 コシノヒロコさん「着るとピエロみたい」  ボランティア制服見直しを議論
http://www.sankei.com/politics/news/161125/plt1611250016-n1.html
2016.11.25 14:36

東京都は25日、有識者らによる「東京ブランドの在り方検討会」を設置し、都庁で第1回会合を開いた。舛添要一前知事時代に作成したロゴ・キャッチコピー「&TOKYO」の効果や、都の観光ボランティアの制服見直しについて議論した。

 小池百合子知事は会合で「東京の魅力を強力に発信したい。ロゴや制服をどう研ぎ澄ますことができるか考えていく」と述べた。

 有識者として参加したデザイナーのコシノヒロコさんは「(現在の制服は)着るとピエロみたいになる。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、上質なデザインができるとアピールするチャンスだ」と話した。

 都によると、ボランティア用の制服は、公募作品から若手デザイナーの案を採用。昨年6月以降、ポロシャツなど4種類、計3735枚を作り、約3015万円の費用がかかっている。


おもてなし東京の制服.PNG



東京都は25日、有識者らによる「東京ブランドの在り方検討会」を設置し、都庁で第1回会合を開いた。
舛添要一前知事時代に作成したロゴ・キャッチコピー「&TOKYO」の効果や、都の観光ボランティアの制服見直しについて議論した。
ダサいというか韓国風で気持ち悪いレベルの制服だったので、見直しで良かったと思います。
ラベル:小池百合子
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック